2020年09月13日 (18:17)

小栗正男さんが作陶展「えがおいっぱいの食卓6」【ギャラリー翔】

陶芸家の小栗正男さん
(土岐市妻木平成町・75歳・まさお)による、
作陶展「えがおいっぱいの食卓6」が、
下石窯元館・ギャラリー翔
(土岐市下石町)で開かれている。
会期は9月27日(日曜日)まで。
01TN1_6879.jpg02TN1_6920.jpg
小栗正男さんは、昭和37(1962)年に、
岐阜県陶磁器訓練校を修了すると、
多治見市にあった製陶所で、デザイナーとして勤務。
自分で形作りがしたいと、下石町に工房を借り、
29歳の時に独立した。
平成4(1992)年には、妻木平成町に、
「点窯」(てんよう)を築いた。
平成17(2005)年2月25日に、
美濃焼伝統工芸士の認定を受け、現在は、
美濃焼伝統工芸品協同組合の理事を務めている。
平成28(2016)年には、
「中部経済産業局長表彰」(美濃焼)を受賞した。
03TN1_6934.jpg04TN1_6861.jpg
会場には、日常使いの器を中心に、
約80点を展示・販売。
小栗さんの長女が、
うさぎ年だったことから描き始めたという、
ウサギの染め付け作品をはじめ、
十二支がセットになっている「香合」や、
来年の干支(えと)丑(うし)年を先取り、
牛(ウシ)の置物(飾り物)などが並ぶ。
05TN1_6858.jpg06TN1_6924.jpg
小栗正男さんは、
「食卓は、家族がだんらんする場所。
器を通して、和やかな雰囲気になってもらおうと、
『えがおの食卓』をテーマに展示を続けてきたが、
今年は少しでも世の中を明るくしようと、
『えがおいっぱいの食卓』に改め、
燭台(しょくだい)も並べた。
今後も、自分の作風・世界観を大切にしながら、
多様化する消費者ニーズを探っていきたい。
美濃焼業界が現状を打破するには、
陶芸に興味がある若者たちを、
美濃焼伝統工芸士にするなど、育成が大事。
また、将来のビジョンを示し、
ネットを活用するなど、
新たな販路開拓も必要」と語った。
07TN1_6887.jpg08TN1_6873.jpg
土岐市下石町900─1/
開館時間は午前10時から午後4時まで/
休館日は月曜日。
ただし、21日(敬老の日)は開館/
TEL0572─57─3528/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。