2020年09月18日 (13:57)

JAとうとが瑞浪市に半自動筋切装置を寄贈【ハム工房“瑞浪”用に】

JAとうと(陶都信用農業協同組合・
本店=多治見市・可知井実代表理事組合長)は、
瑞浪市が建設した農畜産物加工施設
「ボーノポークハム工房“瑞浪”」用として、
「半自動筋切装置」を寄贈。
贈呈式が、瑞浪市役所で開かれ、
JAとうとの水野立人常務理事(たつひと)が、
水野光二市長に目録を手渡した。
寄贈式には、JAとうと総合企画課の
村井和久課長代理も同席した。
01TN1_7131.jpg02TN1_7150.jpg
JAとうとは、多治見市・土岐市・瑞浪市の
東濃西部3市を事業範囲としており、
自治体への寄付・寄贈は、地域貢献活動の一環。
本年度は、多治見市・土岐市・瑞浪市の3市に、
各100万円ずつ、寄付金または相当品を贈った。
03TN1_7163.jpg04TN1_7180.jpg
ボーノポークハム工房“瑞浪”(土岐町)は、
今年の6月27日に、瑞浪市農産物等直売所
「きなぁた瑞浪」の敷地内にオープン。
瑞浪市の特産品で、霜降り割合が高いブランド豚肉、
「瑞浪ボーノポーク」を加工し、ハムやソーセージ、
ベーコンなどを製造・販売している。
05TN1_7184.jpg06TN1_7189.jpg
肉を軟らかくし、味を染み込ませるため、
筋切り(すじきり)作業が必要だが、これまでは、
人力で動かす器具を使用していたため、効率が悪かった。
寄贈品は、ワタナベフーマック株式会社製の
「半自動テンダースター」(ミートテンダーライザー・
TS-ESA・約100万円相当)で、
電動では無く、エアー(空気)で動く。
作業時間の短縮だけではなく、ムラなくできるため、
品質と歩留まりの向上にもつながり、
通常12日間を要する塩漬(えんせき)期間が、
7日間程度で完了する。
07TN1_7204.jpg08TN1_7221.jpg
JAとうとの水野立人常務理事は、
「瑞浪ボーノポークは、大変人気を博しており、
ハムやソーセージなどを本格的に販売するため、
ボーノポークハム工房“瑞浪”が完成した。
しかし、生肉の筋切り工程で、時間を要し、
製造量に制限が掛かるため、土・日・祝日は、
商品が品切れになってしまうと、聞いた。
JAとうととしては、第6次産業に協力するため、
今回、半自動筋切装置を贈呈するに至った。
ハムやソーセージの生産を拡大し、
商品の差別化を図っていただきたい。
今後も、地域活性化の拠点『きなぁた瑞浪』と、
『ボーノポークハム工房“瑞浪”』の発展に、
協力します」と述べた。
09TN1_7229.jpg10TN1_7233.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。