2020年09月18日 (16:59)

二宮安徳氏のコレクションを土岐市美濃陶磁歴史館で【初代土岐市長】

企画展「二宮コレクション・
初代土岐市長・二宮安徳が描いた夢」が、
本日、9月18日(金曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)で始まった。
会期は11月29日(日曜日)まで。
01TN1_7246.jpg02TN1_7272.jpg03TN1_7277.jpg
04TN1_7287.jpg05TN1_7289.jpg06TN1_7259.jpg
故・二宮安徳氏(1904~1986・
郡上郡八幡町出身・にのみややすのり)は、
岐阜県土岐地方事務所の所長として、
昭和の町村合併促進法に伴う、土岐市の発足に尽力。
地元住民に手腕を買われ、
昭和30(1955)年3月16日から、
昭和50(1975)年3月15日までの5期20年、
初代の土岐市長を務めた。
産業・教育・医療・福祉など、さまざまな分野において、
生まれたばかりの土岐市を導いたほか、市長在任中には、
多くの芸術家・文化人・実業家らと、親交を深めた。
07TN1_7308_202009181726013b9.jpg08TN1_7328.jpg09TN1_7293.jpg
10TN1_7341.jpg11TN1_7320.jpg12TN1_7349.jpg
その幅広い交友関係から、陶磁器をはじめ、
絵画・書・手紙などを、個人的に収集。
市長退任を前にした、昭和48(1973)年に、
「二宮コレクション」として、土岐市に寄贈した。
土岐市美濃陶磁歴史館では、平成25(2013)年に、
二宮コレクションを展示した企画展
初代土岐市長・二宮安徳のまなざし」を開催。
前回は陶磁器を中心に展示したが、
今回は絵画や書なども並べている。
13TN1_7335.jpg14TN1_7353.jpg15TN1_7373.jpg
今展では、400点を超える二宮コレクションの中から、
濱田庄司、バーナード・リーチ、小山冨士夫ら各氏、
約30人・50点ほどの作品を展覧
(※会期中、作品の入れ替えあり)。
web04-ninomiya-EPSON070.jpgweb05-ninomiya-EPSON072.jpg
会期初日の本日は、二宮安徳氏の遺族が来館した。
長女の大島恭子さん(82歳・きょうこ)と、
次女の二宮町子さん(78歳・まちこ)は、
「家で、父のコレクションを見ることはなかったが、
人を集めて、お酒を飲むことが好きだったため、
交友関係は広かった。
あまり冗舌な人ではなかったが、話すとユーモアがあり、
特に選挙演説などは面白かった。
素晴らしい作品を、忘れ去られることなく、
展示していただき、ありがたい」とか、
「父は『所長として、初めて土岐市の駅に降りた時は、
出迎えもなく、寂しい思いをしたが、市長を退任する際は、
多くの市民に見送っていただき、うれしかった』と、
話していた。よその地で生まれたにもかかわらず、
土岐市の皆さんは、本当に良くしてくださった。
父が集めたコレクションは、土岐市民への
感謝の気持ちだと思う」などと語った。
web01-ninomiya-EPSON026.jpgweb02-ninomiya-EPSON027.jpgweb03-ninomiya-EPSON069.jpg
土岐市泉町久尻1263/
開館時間は午前10時から午後4時30分まで/
入館料は一般200円・大学生100円・高校生以下無料/
休館日は月曜日(9月21日と11月23日は開館)・
祝日の翌日/TEL0572─55─1245/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。