2020年10月08日 (11:20)

岐阜県民共済が土岐市図書館に児童図書65冊を寄贈

岐阜県民共済生活協同組合
(岐阜市茜部菱野・林直美代表理事理事長)は、
土岐市図書館(土岐津町土岐口)に、
児童図書65冊(約11万円相当)を寄贈。
贈呈式が、土岐市図書館で開かれ、
岐阜県民共済の林直美代表理事理事長が、
加藤淳司市長に目録を手渡した。
01TN1_0031.jpg02TN1_9909.jpg03TN1_9934.jpg
岐阜県民共済生活協同組合は、
昭和58(1983)年8月に設立。
岐阜県知事の認可を受けて、
共済事業を中心に行っている。
04TN1_9940.jpg05TN1_9952.jpg06TN1_9959.jpg
社会貢献活動の一環として、3年前から、
岐阜県内の図書館に、絵本や児童書などを寄贈。
図書館がある各自治体の人口に合わせて、
予算配分を行い、これまでに、
岐阜県図書館(2回寄贈)や、
岐阜市立中央図書館、可児市立図書館、
多治見市図書館など計6館に、
800冊以上、贈っている。
07TN1_9971.jpg08TN1_9985.jpg09TN1_9994.jpg
土岐市図書館への寄贈は7館目で、
寄贈図書の選書については、同館が担当。
本日から貸し出しを開始し、1カ月程度、
1階カウンター前に「県民共済コーナー」を設ける。
寄贈図書の中には、
長さ1メートル16センチの本もあり、
目を引いている。
10TN1_0026.jpg11TN1_9997.jpg12TN1_0009.jpg
林直美代表理事理事長は、
「岐阜県民共済は、今年の8月で、37周年を迎え、
主軸となる生命共済の加入数は、23万人を超えた。
これは単純に、県人口で割ると、9人に1人が、
加入していることになる。
土岐市の加入率は、5200人程度なので、
今回の寄贈を機に、加入拡大を図っていきたい。
児童書の寄贈は、地域に根ざした事業体として、
感謝の意を表すとともに、貢献したく、始めたもの。
本年度は、土岐市図書館をはじめ、5館に贈るが、
年に4館程度を目標に、今後も寄贈を続けていきたい。
良書に囲まれた中で、子供たちが、
夢と希望をはぐくむことを祈念します」と述べた。
13TN1_0014.jpg14TN1_0022.jpg15TN1_0005.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。