2020年10月11日 (16:41)

妻木八幡神社で流鏑馬の代替行事【疫病退散を祈願】

土岐市妻木町の八幡神社(黒田和彦宮司)では、
毎年10月の第2日曜日に、土岐市指定無形文化財の
「流鏑馬」(やぶさめ)神事が奉納される。
しかし、本年度、令和2(2020)年度は、
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、
中止にすることを決めた。
本日、10月11日(日曜日)には、
流鏑馬の代替行事が行われたが、非公開で実施。
そのため、参加者は、
土岐市流鏑馬行事保存会(渡邉慶信会長)の会員や、
八幡神社の関係者、地元の自治会役員、
少年騎手・巫女(みこ)の保護者らに限った。
01-DSC00571.jpg02-DSC00574.jpg
八幡神社の流鏑馬は、江戸時代初期の
元和9(1623)年に、妻木の領主だった、
妻木雅楽助家頼(旗本7500石)が旅所を造営し、
馬1頭を、八幡神社に寄進したことが始まりとされる。
明治3(1870)年を最後に、流鏑馬は廃絶したが、
明治14(1881)年に再興した。

流鏑馬神事の中止に伴い、鉄砲隊の武者行列や、
花馬・獅子舞・神輿渡御(みこしとぎょ)なども、
取りやめとなり、露天商の出店もなかった。
代替行事については、乗馬の練習時間が取れないため、
今年の騎手は全員、過去の流鏑馬経験者が務めた。
内訳は、社会人1人(妻木町在住・24歳)・
西陵中学校(妻木町)の生徒4人
(3年生1人・2年生2人・1年生1人)・
妻木小学校の6年生3人で、馬は木曽馬3頭を用いた。
ちなみに、巫女として、神楽舞を披露した、
妻木小学校の6年生2人については、いずれも新人。
03-DSC00577.jpg04-DSC00580.jpg
流鏑馬の弓矢(弓取り式)については、
矢をつがえず、弓を引くまねだけだったが、
平成30(2018)年の神事から、
先にスポンジが付いた矢を、上空へ放つようになった。
ただあくまで、馬を静止した状態で行ってきたが、
今年は的を設置し、馬を走らせた状態で騎射した。
的には、新型コロナウイルス感染症の終息を祈願し、
妻木小学校の6年生が、寄せ書きをした。
騎射に挑戦したのは、騎手8人のうち、
社会人と中学3年生、中学2年生1人の計3人。
残りの少年騎手は「疫病退散!ホホーイ」などと、
掛け声を発しながら、参道を駆け上がった。

下の動画は、流鏑馬代替行事の様子を撮影。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 動画&特集記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。