2020年10月17日 (18:41)

堀昌義さんが瑞浪芸術館で「書と絵展」【心の赴くままに】

朝日新聞社の元編集委員、堀昌義さん
(愛知県春日井市高森台・ほりまさよし)による個展
「書と絵展」が、本日、10月17日(土曜日)から、
瑞浪芸術館(瑞浪市稲津町萩原)で始まった。
会期は10月25日(日曜日)まで。
会期中は無休で、入館料も無料。
01TN1_1343.jpg02TN1_1220.jpg
名古屋市出身の堀昌義さんは、
昭和3(1928)年1月生まれの92歳。
50歳代から、詩を書き始め、その後、
書道や絵画も始めた。
東海書道芸術院の院人を経て、現在は、
東海書道芸術院の会長を務めた、
故・澤井痩蛙子さんが創立した書道グループ
「無名会」(無名會)に所属している。
朝日カルチャーセンター元役員で、
日本水墨画院元顧問。
号は「裸石」(らせき)。
03TN1_1215.jpg04TN1_1324.jpg05TN1_1295.jpg
会場には書や絵画、約40点を展示・販売。
詩集も並べている。
書は、与謝蕪村の俳句を題材にした作品をはじめ、
自身が創作した詩から、一編を抜き出し、
書にした大作もある。
絵は、アクリル画を中心に、ネパールのバザーや、
中国の地方都市、インドの寺院などを描いている。
06TN1_1208.jpg07TN1_1283.jpg08TN1_1300.jpg
堀昌義さんは、
「書を書く際に大事にしているのは、余白。
作品全体の中での余白だけではなく、
一文字ひともじの中にある余白も重要で、
これは絵でも同じこと。
40年以上、創作活動を続けてきたが、
だんだん単純化し、欲張らない作風になってきた。
心の赴くままに、書も絵も書けるようになった」と語り、
「90以上も生きられるとは、思ってもいなかったので、
我ながら、つくづくすごいことだと思う。
毎日、散歩を行っているが、
新型コロナウイルス感染症対策の自粛生活で、
スケッチブックを持って出掛けることが、
減ってしまったのが、さみしい。
食べ物に好き嫌いはなく、特に牛乳は、
欠かさず飲んでいる」と、かくしゃくと話した。
09TN1_1281_20201017191229181.jpg10TN1_1332.jpg
瑞浪市稲津町萩原1220─2/
開館時間は午前10時から午後5時まで/
TEL0572─66─2170/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。