2020年10月19日 (11:46)

土岐市防災倉庫の中身を知ろう【泉西小4年生が初の体験学習】

土岐市立泉西小学校(泉町久尻・郷通芳校長)の
4年生45人が、同校の体育館の裏手にある、
「土岐市防災倉庫」の中身について、学習した。
講師は、土岐市役所の危機管理室を担当する、
土岐市職員3人が務めた。
土岐市職員を講師に、
防災倉庫について学ぶ授業は、
泉西小学校では初めて。
01TN1_1376.jpg02TN1_1355.jpg03TN1_1358.jpg
04TN1_1372.jpg05TN1_1377.jpg06TN1_1389.jpg
07TN1_1392.jpg08TN1_1394.jpg09TN1_1406.jpg
誰しもが被災者になる可能性がある中で、
児童の防災意識を高めようと、
社会科の授業の一環として、実施。
土岐市には、土岐市防災倉庫が、
小・中学校や公民館など、24カ所にあり、
指定避難所の泉西小学校にも、
高さ2・5メートル・幅4メートル・
奥行き2・5メートルのコンテナが置かれている。
10TN1_1544.jpg11TN1_1399.jpg12TN1_1351.jpg
13TN1_1418.jpg14TN1_1426.jpg15TN1_1433.jpg
16TN1_1443.jpg17TN1_1452.jpg18TN1_1463.jpg
児童らは最初に、防災倉庫を見学。
浄水装置やリヤカー、シザーズジャッキなどが、
収納されていることを確認した。
続いて、体育館に移動し、防災倉庫に入っている、
避難用テントの広さや救急箱の中身を学んだ。
児童らは、簡易トイレの座り心地を試したり、
エアーベッドを膨らませたりした。
19TN1_1465.jpg20TN1_1471.jpg21TN1_1473.jpg
22TN1_1485.jpg23TN1_1489.jpg24TN1_1491.jpg
25TN1_1495.jpg26TN1_1501.jpg27TN1_1507.jpg
質疑応答では、児童らは市職員に対し、
「避難所の食料が無くなったら、どうしますか」とか、
「市職員の皆さんは、普段、何をしていますか」、
「泉西小では、避難者を何人、収容できますか」といった、
質問を投げ掛けた。
28TN1_1509.jpg29TN1_1514.jpg30TN1_1525.jpg
31TN1_1527.jpg32TN1_1518.jpg33TN1_1534.jpg
34TN1_1536.jpg35TN1_1540.jpg36TN1_1545.jpg
最後に、代表の児童が、
「ほとんどの物が、折りたためることが分かった。
お年寄りのために、トイレに手すりを付けていることが、
1番工夫がしてあると、思いました。
今日はお忙しい中、私たちのために来ていただき、
ありがとうございました」などと、感想とお礼を述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。