2020年10月26日 (20:56)

元謙太選手をオリックスが2位で指名【中京高校から夢のプロ野球へ】

プロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)が、
本日、10月26日(月曜日)に、
東京都内で開かれた。
01TN1_2833.jpg02TN1_2847.jpg03TN1_2863.jpg
04TN1_2894.jpg05TN1_2910.jpg06TN1_2952.jpg
昨年の夏の甲子園で、開校以来初となる、
ベスト4(4強入り)を果たした中京高校
(当時=中京学院大学附属中京高等学校・
岐阜県瑞浪市土岐町・和田尚校長)からは、
元謙太選手(げん・けんだい、18歳)が、
パ・リーグのオリックス・バファローズから、
第2位で、指名を受けた。
※オリックス・バファローズは、
最初の入札抽選で、1位指名を外している。
07TN1_2971.jpg08TN1_2975.jpg09TN1_2980.jpg
10TN1_3001.jpg11TN1_3008.jpg12TN1_3011.jpg
元謙太選手は、和田尚校長(ひさし)や、
硬式野球部の橋本哲也監督らと一緒に、
学校のテレビで、ドラフト会議の様子を見守った。
1巡目が終わり、休憩で仕切り直した後、2巡目の最初、
「元謙太」の名前が画面に映し出されると、
ホッとした様子で、息を吐いた。
13TN1_3022.jpg14TN1_3029.jpg15TN1_3036.jpg
元謙太選手は、岐阜県多治見市(平和中学校)の出身。
186センチ・85キロで、右投げ・右打ち。
小学校3年生から、野球を始めた。
中京高校では、1年生ながら秋の東海大会で、
場外ホームランを放ち、名を上げると、
昨年の夏の甲子園・準々決勝では、8回裏に、
逆転満塁ホームランを決め、初の4強入りに貢献した。
今年の夏の甲子園
「第102回全国高等学校野球選手権大会」は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、開催を中止。
岐阜県では、独自の大会
「2020夏季岐阜県高等学校野球選手権大会」が開かれ、
元謙太選手は主将として、チームを準優勝に導いた。
投手としても活躍したが、プロ入り後は、
野手一本で、勝負するとのこと。
なお、守備位置については、中京高校の発表資料では、
「遊撃手」(内野手)となっているが、
オリックス・バファローズは「外野手」としている。
16TN1_3033.jpg17TN1_3043.jpg18TN1_3066.jpg
オリックス・バファローズのスカウトは、
「走・攻・守、すべてのレベルが高く、
走る姿を見ただけで、身体能力の高さを感じさせる。
ユニフォーム姿や立ち居振る舞いからも、スター性を感じる。
ここぞという場面でも力が発揮できる、
メンタルの強さも魅力の好素材」と評している。
19TN1_3053.jpg20TN1_3060.jpg21TN1_3082.jpg
《高校公式戦成績》
◆投手
【試合数】12【投球回数】62回
【被安打】56【被本塁打】2【奪三振】40
【勝敗】8勝2敗【防御率】2・17
◆打者
【試合数】21【打数】88
【安打】36【本塁打】10【打点】30
【三振】10【盗塁】10【打率】0・409

※質疑応答の際は、マスクを着用しています。
外しているのは、写真撮影時のみです。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。