2020年11月04日 (15:25)

土岐医師会准看護学校の第54期生が戴帽式

土岐医師会准看護学校(勝股真人校長)の
第54期生「戴帽式」(たいぼうしき)が、
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)・
大会議室(3階)で開かれた。
今年は、新型コロナウイルス感染症対策として、
来賓は招かず、学校関係者のみとし、
約50人が出席した。
01TN1_4908.jpg02TN1_4899.jpg03TN1_4920.jpg
04TN1_4927.jpg05TN1_4929.jpg06TN1_4938.jpg
土岐医師会准看護学校は、
昭和42(1967)年4月に開校。
本年度、令和2(2020)年度の戴帽式には、
第54期生の1年生27人
(男性12人・女性15人)が臨んだ。
1年生は、4月の入学式以降、約7カ月間、
基礎看護学などを学んできており、
本日の戴帽式が済むと、
病院実習や臨床看護などが始まる。
なお今年は、新型コロナウイルス感染症対策として、
4月と5月の2カ月間が休校となり、
家庭での学習を余儀なくされた。
07TN1_4952.jpg08TN1_4963.jpg09TN1_4972.jpg
10TN1_4979.jpg11TN1_4987.jpg12TN1_4990.jpg
戴帽式では、生徒らは、
ナースキャップや純白のハンカチを受け取った後、
ナイチンゲール像から、灯火を受け継いだ。
13TN1_4993.jpg14TN1_5023_202011041702367cf.jpg15TN1_4997.jpg
16TN1_5016_20201104170237f72.jpg17TN1_5010.jpg18TN1_5032_2020110417023858c.jpg
土岐医師会准看護学校の勝股真人校長(まひと)は、
「間もなく看護学生として、病院や施設での実習が始まる。
今まで学校で学んできた知識を基に、
有意義な実習にしてほしい。
また、実習のみならず、学校における教科についても、
忘れることなく、励んでもらいたい。
本日の感動と誓いを、いつまでも心の中に持ち続け、
生涯にわたって守っていけるように、頑張ってください。
実習の場においては、患者さんに対し、分け隔てなく、
清く誠実に、思いやりの心で、接してあげてほしい。
患者さんの痛みが分かる看護師になるために、
研鑽(けんさん)されることを希望します」と式辞を述べた。
19TN1_5046.jpg20TN1_5045.jpg21TN1_5059.jpg
22TN1_5067.jpg23TN1_5060.jpg24TN1_4882.jpg
第54期生の生徒を代表し、
江口陽子さん(愛知県春日井市・38歳・ようこ)が、
「新型コロナウイルス感染症対策として、
家庭学習の期間もあったが、早いもので、
入学式以降、半年あまりが過ぎた。
本日、戴帽式が迎えられたのは、
校長先生をはじめ、先生方、先輩方、家族らによる、
ご指導・ご協力のたまもので、感謝申し上げます。
これから幾度となく、困難に直面すると思う。
責任感と向上心を持ち、正しい知識と確かな技術、
看護職としてふさわしい態度を、身に付けていきたい。
今日という日を新たなスタートとし、初心を忘れず、
看護の道を歩いて行きます。
1人ひとりの手にともされた、キャンドルの炎のように、
明るく、温かな心の火を絶やしません。
笑顔と思いやりを忘れず、患者さん1人ひとりに、
寄り添うことができる准看護師になれるように、
努力することを誓います」と、高らかに宣誓した。
25TN1_5084.jpg26TN1_5097.jpg27TN1_5113.jpg
28TN1_5115.jpg29TN1_5128.jpg30TN1_5142.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム






Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。