2020年11月10日 (13:12)

土岐青年会議所が「土岐の昔ばなし」を寄贈【郷土愛と読書率の向上を】

一般社団法人土岐青年会議所
(JC・三宅純一理事長)は、
土岐市と土岐市教育委員会に、
土岐の昔ばなし」150部を寄贈。
贈呈式が土岐市役所で開かれ、
三宅純一理事長が加藤淳司市長に手渡した。
贈呈式には、土岐JCの加藤大祐専務理事
(祐は異体字)も同席した。
01TN1_6984.jpg02TN1_7121.jpg03TN1_6999.jpg
04TN1_6991.jpg05TN1_7018.jpg06TN1_7006.jpg
土岐の昔ばなしは、
昭和52(1977)年12月25日に、
土岐青年会議所が発行(初版4000部)。
平成28(2016)年には、
土岐青年会議所のOBらでつくる、
土岐市織部まつり協賛会」が再版した。
再版した「2016年版」は、
初版本(159ページ)から、原話と分布図を割愛し、
昔話のみに編集し直したもの(129ページ)。
23話から「鬼板」(おにいた)の話は抜き、
22話が収まっている。
07TN1_7002.jpg08TN1_7025.jpg09TN1_7027.jpg
10TN1_7034.jpg11TN1_7041.jpg12TN1_7048.jpg
今回、土岐青年会議所が寄贈した本は、
「2016年版」を再発行したもので、
300部を増刷(事業費は約10万円)。
寄贈した150部のうち、120部については、
土岐市内の児童館3館と児童センター3館に、
各館20部ずつ贈り、残りの30部については、
土岐市図書館(土岐津町土岐口)に贈った。
また、寄贈分以外のうち、100部については、
11月22日(日曜日)に開かれる読書イベント
土岐ブックフェス2020」の会場で、
来場者に無料配布する(先着順)。
13TN1_7051.jpg14TN1_7054.jpg15TN1_7060_2020111015065085b.jpg
16TN1_7096.jpg17TN1_7086.jpg18TN1_7105.jpg
土岐青年会議所の三宅純一理事長は、
「土岐JCでは本年度、
『まちの未来に種を蒔こう』というスローガンを掲げ、
市民の皆さんに郷土愛をはぐくんでいただける事業を、
計画していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、
実施することが困難になった。
そのような中で、土岐市が、
『土岐市子ども読書活動推進計画』を策定し、
取り組まれていることを伺ったため、
先輩から受け継いできた『土岐の昔ばなし』を、
ぜひ活用してもらおうと、増刷・寄贈を決めた。
各家庭で、家族で読んでいただき、土岐市の昔話に、
造詣(ぞうけい)を深めてもらえたら、うれしい。
また、コロナ禍が終息した際には、昔話の舞台を、
探検してもらえたら、郷土・土岐市への愛着が、
感じられると思う」と述べた。
19TN1_7012.jpg20TN1_7068.jpg21TN1_7075.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。