2020年11月11日 (12:10)

アドマテックスが下石町にも事業所を【土岐市と企業立地協定】

土岐市は、市有地の利用を希望する企業との
「企業立地協定式」を、土岐市役所で開催。
3件の事業について、合同で開いた。
加藤淳司市長と各企業(事業候補者)の代表者が、
協定書に署名。
協定式には、立会人として、
岐阜県の崎浦良典商工労働部長が同席した。
なお、3件とも、市有地の売却になるため、
土岐市議会の議決が必要。
売却価格は12月議会で示される。
01TN1_7134.jpg02TN1_7146.jpg03TN1_7153.jpg
04TN1_7322.jpg05TN1_7315_202011111405558ad.jpg06TN1_7331_20201111141844300.jpg
07TN1_7334.jpg08TN1_7344.jpg09TN1_7345.jpg
【上の写真9枚は、3事業共通】
うち1件は、「下石西山工場適地土地利用促進事業」。
所在地は土岐市下石町字西山の土岐市有林(普通山林)。
面積は約9万4000平方メートル。
web01-プレス資料(アドマ)web02-プレス資料(アドマ)web03-プレス資料(アドマ)
web04-プレス資料(アドマ)web05-経過説明資料
エンドユーザー企業は、株式会社アドマテックス
(本社=愛知県みよし市、安部賛代表取締役社長《すすむ》)で、
土地開発事業者は、アイシン開発株式会社
(本社=愛知県刈谷市、金田芳彦取締役社長)。
土岐市が山林を、工業団地として造成した後、
企業の誘致に動くのではなく、今回は、山林のまま売却し、
進出企業に造成も行わせる方法。
土岐市は、エンドユーザー企業と土地開発事業者とを、
連名で募集した(応募件数は、当該企業1件)。
この手法での企業誘致は、岐阜県内では初めて。
01TN1_7157_2020111114431698d.jpg02TN1_7171.jpg03TN1_7186.jpg
04TN1_7193_20201111144744287.jpg05TN1_7201.jpg06TN1_7210.jpg
07TN1_7214.jpg08TN1_7220_2020111114562073f.jpg09TN1_7357.jpg
株式会社アドマテックスは、半導体の材料などを製造。
土岐市内には既に、工業団地「土岐アクアシルヴァ」に、
「土岐事業所」(土岐市泉町久尻)があるため、
今回の事業所の名称は、「土岐南事業所」になる。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム






Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。