2020年11月11日 (12:39)

ユーファクトリーが旧鶴里小に物流センターを【土岐市と企業立地協定】

土岐市は、市有地の利用を希望する企業との
「企業立地協定式」を、土岐市役所で開催。
3件の事業について、合同で開いた。
加藤淳司市長と各企業(事業候補者)の代表者が、
協定書に署名。
協定式には、立会人として、
岐阜県の崎浦良典商工労働部長が同席した。
なお、3件とも、市有地の売却になるため、
土岐市議会の議決が必要。
売却価格は12月議会で示される。
01TN1_7134.jpg02TN1_7146.jpg03TN1_7153.jpg
04TN1_7322.jpg05TN1_7315_202011111405558ad.jpg06TN1_7331_20201111141844300.jpg
07TN1_7334.jpg08TN1_7344.jpg09TN1_7345.jpg
【上の写真9枚は、3事業共通】
うち1件は、「旧鶴里小学校跡地土地利用促進事業」
(応募件数は、当該企業1件)。
所在地は土岐市鶴里町柿野の旧鶴里小学校跡地(学校用地)。
面積は約3万1000平方メートル。
鶴里小学校は平成27(2015)年に閉校した
web01-プレス資料(UF鶴里)web02-プレス資料(UF鶴里)web03-プレス資料(UF鶴里)web04-経過説明資料
事業候補者は、物流業や倉庫業などを営む、
株式会社ユーファクトリー
(本社=土岐市鶴里町柿野、篠田和孝代表取締役)。
校舎は解体し、駐車場用地として利用するが、
学校施設のうち、体育館・ワークルーム・資料館については、
福利厚生施設にリフォームし、活用する。
物流センターを1棟、建設するが、事業所名を、
「ユーファクトリー鶴里小学校物流センター」にする予定。
01TN1_7225.jpg02TN1_7226.jpg03TN1_7234.jpg
04TN1_7242.jpg05TN1_7255.jpg06TN1_7363.jpg
企業立地協定式には、ユーファクトリーの
谷口武穂執行役員兼部長(たけほ)らが出席した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。