2020年11月11日 (13:24)

SGET土岐バイオマス発電所を鶴里町に【土岐市と企業立地協定】

土岐市は、市有地の利用を希望する企業との
「企業立地協定式」を、土岐市役所で開催。
3件の事業について、合同で開いた。
加藤淳司市長と各企業(事業候補者)の代表者が、
協定書に署名。
協定式には、立会人として、
岐阜県の崎浦良典商工労働部長が同席した。
なお、3件とも、市有地の売却になるため、
土岐市議会の議決が必要。
売却価格は12月議会で示される。
01TN1_7134.jpg02TN1_7146.jpg03TN1_7153.jpg
04TN1_7322.jpg05TN1_7315_202011111405558ad.jpg06TN1_7331_20201111141844300.jpg
07TN1_7334.jpg08TN1_7344.jpg09TN1_7345.jpg
【上の写真9枚は、3事業共通】
うち1件は、「鶴里町工場用地土地利用促進事業」。
所在地は土岐市鶴里町柿野の土岐市有林(普通山林)で、
西ノ平工業団地の奥。
面積は約3万7000平方メートル。
web01-プレス資料(バイオマス)web02-プレス資料(バイオマス)web03-プレス資料(バイオマス)web04-プレス資料(バイオマス)
web05-プレス資料(バイオマス)web06-プレス資料(バイオマス)web07-経過説明資料
事業候補者は、SGET土岐バイオマス合同会社
(エスゲット・北川久芳代表社員)。
再生可能エネルギー発電所
「SGET土岐バイオマス発電所」を建設し、
中部電力に売電する。
発電方法は、木質チップをボイラーで燃焼させ、
その蒸気でタービンを回すというもの。
01TN1_7258.jpg02TN1_7261.jpg03TN1_7268.jpg
04TN1_7276.jpg05TN1_7290.jpg06TN1_7296.jpg
07TN1_7304.jpg08TN1_7307_20201111153302de8.jpg09TN1_7370.jpg
協定式には、SGET土岐バイオマス合同会社の母体、
スパークス・グリーンエナジー&テクノロジー株式会社
(略称=SGET・本社=東京都港区)の
谷脇栄秀代表取締役社長や、
株式会社グリーン発電土岐の黒田栄作代表取締役
バイオマス・フューエル株式会社
(本社=東京都千代田区)代表取締役》らが出席。
土地については、土岐市とグリーン発電土岐が、
売買契約を済ませた後、グリーン発電土岐と、
SGET土岐バイオマス合同会社が、賃貸借契約を結ぶ。
発電所の開発・運営は、
SGET土岐バイオマス合同会社が担い、
燃料となる木質チップの調達は、
グリーン発電土岐が請け負う。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。