2020年11月17日 (15:00)

中島醸造が新酒「初のしぼり」を発売【杉玉を架け替え】

瑞浪市土岐町の造り酒屋(酒蔵)
「中島醸造株式会社(始禄・小左衛門)」
(中野孝彦代表取締役社長)は、
新酒ができたことを知らせる「杉玉」の
架け替え作業を行った。
本日、11月17日(火曜日)には、
「小左衛門 純米吟醸 初のしぼり」
(生酒)を発売した。
01TN1_9083.jpg02TN1_9098.jpg03TN1_9103.jpg
04TN1_9108.jpg05TN1_9114_2020111715335305d.jpg06TN1_9089.jpg
杉玉(すぎたま・すぎだま)とは、
スギの葉(穂先)を集めて、ボール状にしたもの。
酒林(さかばやし)とも呼ばれ、造り酒屋などが、
門の軒先に、鮮やかな緑色の杉玉をつるすことで、
新酒の搾り始めを告げる風物詩。
中島醸造株式会社では、3年前から、
取引先の酒店(多治見市)を通じて、
三重県津市美杉町の住民に、
杉玉の制作を依頼している。
今年の杉玉の直径は、約90センチ。
07TN1_9091.jpg08TN1_9119.jpg09TN1_9125.jpg
10TN1_9129.jpg11TN1_9132.jpg12TN1_9138.jpg
中島醸造株式会社の中島修生営業統括部長兼
企画室長(46歳・のぶお)は、
「本年度は、9月の下旬から仕込みに入った。
初(はつ)のしぼりの酒米(さかまい)は、
山形県産の『出羽燦々』(でわさんさん)。
ふくよかな香りとみずみずしい味わい、
スッキリとした後味の辛口に仕上がった。
今後は、瑞浪市日吉町産・土岐町産の米でも、
仕込んでいく」と語った。
13TN1_9143.jpg14TN1_9158.jpg15TN1_9153.jpg
16TN1_9164.jpg17TN1_9177.jpg18TN1_9215.jpg
「小左衛門 純米吟醸 初のしぼり」は、
アルコール分16・5パーセントの生原酒。
ガラス瓶詰めで、
1800ミリリットルが2900円(税別)で、
720ミリリットルが1450円(税別)。
19TN1_9190.jpg20TN1_9207.jpg21TN1_9197.jpg
問い合わせは、中島醸造株式会社
(TEL0572─68─3151)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。