2020年11月18日 (16:02)

鶴里生産森林組合が林野庁長官賞に輝く【R2全国林業経営推奨行事】

土岐市鶴里町の鶴里生産森林組合
(佐分利衛組合長・まもる・衛は異体字)が、
公益社団法人大日本山林会による、
第59回・全国林業経営推奨行事において、
「林野庁長官賞」に輝いた。
佐分利衛組合長が土岐市役所を訪れ、
加藤淳司市長に受賞を報告した。
01TN1_9379.jpg02TN1_9375.jpg
鶴里生産森林組合は、昭和34(1959)年に設立。
現在の経営森林面積は、990ヘクタール
(所有640ha+経営受託350ha)。
すべて土岐市有地だが、地上権を得て、
森林経営を行っている。
組合員は256人で、全員、鶴里町民。
03TN1_9385.jpg04TN1_9398.jpg
昨年度、平成31/令和元(2019)年度は、
優良な林業経営を行っていることが評価され、
岐阜県林業経営コンクール」を受賞している。
今回の林野庁長官賞は、岐阜県の推薦を受け、
審査・選考の結果、決まったもの。
本年度、令和2(2020)年度の
全国林業経営推奨行事のうち、
林野庁長官賞を受賞したのは、
鶴里生産森林組合を含め、
全国で16件(岐阜県からは2件)。
05TN1_9412.jpg06TN1_9427.jpg
鶴里生産森林組合の佐分利衛組合長
(83歳・元土岐市議会議長)は、
「昔は、柱材として、東濃ヒノキが金になったため、
森林整備に励んだが、今は価格が下がってしまい、
整備に必要な持ち出しの方が、増えてしまった。
そこで、コナラの人工林を造成し、
シイタケの原木栽培に取り組んだり、
鰹節(かつお節)の燃料として、
薪(まき)を生産したりしている。
鰹節用の薪については、東日本大震災以降、
手に入らないと言われ、毎月15トン車1台分を、
スポーツ姉妹都市の静岡県焼津市に運んでいる。
また、中馬の森マレットゴルフ場を経営したり、
岐阜県から、緑の少年団として指定を受けている、
地元の濃南小学校の6年生に、
シイタケの栽培体験を行わせたりもしている。
今回の受賞は、地上権を付けていただいた、
先輩諸氏のおかげであり、感謝したい。
山は、人が入り、手入れをしないと、駄目になる。
鶴里町にできる発電所で、木片を使ってもらうなど、
山が荒れないように、活用方法を考えたい」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。