2020年11月25日 (12:39)

大島忠和前消防団長が瑞宝単光章に輝く【団長職を3期6年】

元瑞浪市消防団団長の大島忠和さん
(瑞浪市稲津町小里・70歳・おおしまただかず)が、
令和2(2020)年・秋の叙勲で、
瑞宝単光章(消防功労)を受章した。
瑞浪市役所で、伝達式が開かれ、
水野光二市長が大島忠和さんに、
賞状と勲章を手渡した。
01TN1_0211_202011251344341ea.jpg02TN1_0219.jpg03TN1_0224.jpg
04TN1_0230.jpg05TN1_0235.jpg06TN1_0240.jpg
大島忠和さんは、昭和51(1976)年に入団し、
通算で29年間、消防団活動に励んだ。
うち、瑞浪市消防団の団長を、
平成24(2012)年4月1日から、
平成30(2018)年3月31日まで、
3期6年、務めた。
現在は、岐阜県消防協会の参与や、
瑞浪市消防友の会の会長などを務めている。
なお、平成27(2015)年11月3日には、
消防の功績により、藍綬褒章を受けている。
ちなみに、忠和さんの父、
故・忠義さん(ただよし)も、団長を務めた。
07TN1_0245.jpg08TN1_0254.jpg09TN1_0264.jpg
10TN1_0280.jpg11TN1_0283.jpg12TN1_0288.jpg
大島忠和さんは、
「団長在任中には、女性分団を創設したほか、
消防団の活動フォトコンテストを始めたり、
婚活イベント『独身団員との交流会』を開いたりもした。
これらは、自分のアイデアばかりではなく、
他市の団長さんたちと、交流を図る中で生まれたもの。
実施・開催できたのは、
瑞浪市消防本部の協力があったおかげであり、
あらためて感謝申し上げたい」と述べ、
「消防団員が、実際に火を消すのは、
年に1回有るか無いか。
対して、災害への出動件数は、増えてきている。
また、まちづくりイベントにも協力しており、
そのためにも、団員の確保は欠かせない。
瑞浪市民の皆さんには、1人でも多く、
瑞浪市消防団に入団していただけることを、
お願いしたい」と語った。
13TN1_0293.jpg14TN1_0301.jpg15TN1_0314.jpg
16TN1_0306.jpg17TN1_0277.jpg18TN1_0272.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。