2020年12月03日 (15:41)

土岐市観光ガイドの会が「小さな親切」実行章を受賞

土岐市観光ガイドの会(水野とみ子会長)は、
公益社団法人「小さな親切」運動本部から、
「小さな親切」実行章を授与された。
水野とみ子会長や山内博文前会長ら、
土岐市観光ガイドの会のメンバーが、
土岐市役所を訪れ、加藤淳司市長に報告した。
01TN1_1504.jpg02TN1_1513.jpg03TN1_1528.jpg
土岐市観光ガイドの会は、ボランティア団体として、
平成15(2003)年に発足。
陶器まつりなど、土岐市内で開かれるイベントの際、
受付や案内を手伝っているほか、
土岐市の歴史や文化を教えるため、
小学校や公民館などで、出前講座を開いている。
現在の会員は、30歳代から80歳代まで、
土岐市民ばかり、16人(男性10人・女性6人)。
04TN1_1532.jpg05TN1_1547.jpg06TN1_1542.jpg
「小さな親切」運動本部は、
昭和38(1963)年6月13日に発足。
スローガン「できる親切はみんなでしよう、
それが社会の習慣となるように」を掲げており、
環境美化活動や社会奉仕活動などに取り組む、
個人・企業・グループに対し、推薦に基づき、
「小さな親切」実行章を贈呈している。
土岐市観光ガイドの会の受賞は、
「小さな親切」運動岐阜県本部事務局が、
新聞報道で、同会の活動を知り、推薦したもの。
第685回実行章が贈られた
《令和2(2020)年10月25日発表分》。
07TN1_1556.jpg08TN1_1560.jpg09TN1_1576.jpg
土岐市観光ガイドの会の水野とみ子会長
(土岐市泉町定林寺・77歳)らメンバーは、
「作陶体験などはできるが、観光客からは、
『お土産が買える店がほしい』といった、
要望が寄せられている」とか、
「陶磁器文化をPRするため、
気軽に抹茶が飲める場所を設けてはどうか」、
「土岐市には、良いところがいっぱいあるが、
表に出ていない場所もある。
人知れず朽ちたり、壊されたりしないように、
観光整備に努めてほしい」とか、
「会員数が減ってきているので、市民の皆さんに、
ぜひ入会していただきたい」などと話した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。