2020年12月08日 (21:11)

岐阜聖徳学園大学と土岐市教育委員会が連携協定を更新【4回目の調印式】

岐阜聖徳学園大学(岐阜市)と、
土岐市教育委員会は、
「連携協力に関する協定」を締結。
土岐市役所で、調印式を開き、
藤井徳行学長(法学博士・徳は異体字)と、
山田恭正教育長が、協定書に署名押印した。
岐阜聖徳学園大学からは、教育学部の
吉永和加教授・学部長(文学博士)らも出席した。
01TN1_3169.jpg02TN1_3179_202012090010287e0.jpg03TN1_3183.jpg
岐阜聖徳学園大学と土岐市教育委員会は、
平成24(2012)年2月16日に、
初めて、連携協定を締結。
有効期間が3年間のため、
2回目の調印式を、
平成26(2014)年10月31日に、
3回目の調印式を、
平成29(2017)年10月26日に開いた。
本年度末で、また有効期間が満了になるため、
本日、4回目の調印式を開き、同様の内容で、
向こう3年間の連携協定を更新した。
連携の主な内容は、
①学生の「教育実習」に関すること。
②学生の「学校インターンシップ」に関すること。
③土岐市の教職員の資質向上研修などに関すること。
となっている。
協定書では、教育実習の実施方法や経費負担、
事故防止策、学生の服務規定などを定めている。
04TN1_3185.jpg05TN1_3194.jpg06TN1_3204.jpg
教育実習のため、土岐市内の小・中学校に、
岐阜聖徳学園大学の学生を受け入れた人数は、
平成30(2018)年度は31人、
平成31/令和元(2019)年度は25人、
令和2(2020)年度は24人。
岐阜聖徳学園大学は、岐阜県内27市町
(土岐市を含む)の各教育委員会と、
同様の協定を結んでおり、土岐市の近隣では、
可児市教委と恵那市教委がある。
07TN1_3207.jpg08TN1_3213.jpg09TN1_3220.jpg
藤井徳行学長(德行)は、
「今回も、協定が更新できたことを、
大変うれしく、感謝しています。
教育実習は、我々にとっては命であり、
教育現場を知らずに、
良い教師になれるわけがない。
その点において、土岐市教育委員会さんは、
学生に、教育現場のすべてを見せ、
一から十まで教えてくださっている。
教育実習は、大学のキャンパスではできないこと。
学生たちが、教員なるための根性を養えるように、
今後もご支援をよろしくお願いします」と述べた。
10TN1_3228.jpg11TN1_3235.jpg12TN1_3242.jpg
山田恭正教育長は、
「土岐市内の学校に、学生が入ることは、
活性化につながるとともに、勉強にもなる。
この協定により、土岐市で教育実習を行い、
現在は、土岐市の教壇に立っている教師もいる。
土岐市が、教育実習を引き受ける代わりに、
岐阜聖徳学園大学の先生には、
土岐市教育委員会の事業について、
点検・評価をしていただいている。
また、実際に授業を見ていただき、
特に小学校の外国語活動について、
ご指導をいただいている。
今後も、教員研修へのご協力を、
よろしくお願いします」と語った。
13TN1_3248.jpg14TN1_3260.jpg15TN1_3273.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。