2020年12月22日 (17:04)

武田氏研究家の高木由貴さんが信玄・勝頼の研究書を出版

武田氏研究家の高木由貴さん
(御嵩町・48歳・髙木由貴・たかぎゆたか)が、
研究書「史伝 武田信玄・勝頼」を自費出版した。
01TN1_4887.jpg02TN1_4827_20201222194639ac6.jpg
高木由貴さんは、
黒澤明監督の映画「影武者」の影響を受け、
中学生のころから、武田氏の研究を開始。
家業のアドサイン栄宣(瑞浪市和合町)で、
副代表を務めながら、史料の解読や、
論文の執筆などを続けてきた。
平成22(2010)年には、自費出版1冊目として、
「悲運の武将武田勝頼 史料から見る勝頼の生涯」を刊行。
今回は2冊目で、武田勝頼の生涯だけではなく、
武田氏の興起から滅亡までを、18章にわたって追っている。
03TN1_4873web.jpg04TN1_4869web.jpg
高木由貴さんは「来年、令和3(2021)年は、
武田信玄の生誕500年にあたるので、
発刊が間に合い、安堵(あんど)している。
テレビドラマなどの影響で、
信玄には向かうところ敵無しのイメージが、
勝頼には向こう見ずなイメージが付いているが、
信玄は外交や親子関係などで、大きな苦労をしているし、
勝頼にしても、勝頼なりの勝算があり、
最善の判断を下したのだと思う。
古文書の文だけではなく、解読文も載せ、
注釈もしっかり加えることで、
研究論文としてはもちろん、人物伝としても、
楽しめる内容に仕上がった」と語った。
05TN1_4910.jpg06TN1_4899.jpg
B5サイズ・468ページ。
100部を印刷し、
3500円(税込み)で販売している。
問い合わせは、高木由貴さん
(TEL090─5100─0838)・
(メールeisen-takagi@blue.ocn.ne.jp)まで。
web01-minogenji01.jpg
なお、高木由貴さんは、
美濃源氏フォーラムの運営委員を務めており、
12月26日(土曜日)に、
土岐市文化プラザ(土岐津町土岐口)で開かれる、
明智光秀シンポジウムin土岐市」では、
講師として登壇する。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。