2021年01月11日 (14:19)

瑞浪市消防団が令和3年「出初め式」【新型コロナ対策で式典のみ】

瑞浪市消防団(大山一男団長)と、
瑞浪市消防本部(足立博隆消防長)は、
令和3(2021)年「瑞浪市消防出初式」を、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)・
講堂(3階)で開いた。
01TN1_8381.jpg02TN1_8390.jpg03TN1_8395.jpg
04TN1_8400.jpg05TN1_8405.jpg06TN1_8410.jpg
新型コロナウイルス感染症対策として、
「市中分列行進」と「一斉放水」は中止。
ただし、消防団員の労苦をねぎらうとともに、
士気の高揚を図るため、式典のみ、実施した。
出初め式には、7分団
(第1分団~第5分団・音楽分団・女性分団)の
幹部団員や被表彰者ら、計約50人が出席。
来賓は招かず、表彰も代表受領とした。
07TN1_8417.jpg08TN1_8445.jpg09TN1_8449.jpg
10TN1_8456.jpg11TN1_8471.jpg12TN1_8481.jpg
水野光二市長は「本来なら、
お一人おひとりに、表彰させていただき、
感謝の気持ちをお伝えしたかった。
敬意を表すとともに、この表彰を誇りとし、
今後は若い団員の指導的な役割も、
果たしていただきたい。
そして、伝統ある瑞浪市消防団のレベルを、
もっともっと、引き上げてもらいたい。
この1年も、大変な状況が続くと思うが、
団員各位のお力をいただき、
安全・安心な瑞浪市にしたい」と式辞。
13TN1_8494.jpg14TN1_8505.jpg15TN1_8521.jpg
16TN1_8526.jpg17TN1_8534.jpg18TN1_8549.jpg
大山一男団長は「新型コロナウイルス感染症は、
社会生活のみならず、消防団活動にも、
大きな影響をもたらしており、
いつ終息するのか、先の見えない不安がある。
また近年は、社会環境が著しく変化しており、
我々消防団員には、なお一層、
幅広い活動が求められている。
地域防災の中核を担う、消防活動はもちろん、
地域の活性化や地域防災力の向上にも、
力を入れていきたい」と訓示を垂れた。
19TN1_8559.jpg20TN1_8565.jpg21TN1_8572.jpg
22TN1_8582.jpg23TN1_8595.jpg24TN1_8603.jpg
続いて、永年勤続団員や、
功労・功績・勤労があった団員、
団員を支えた家族らを表彰。
なお、大山一男団長が、
「岐阜県知事表彰・特別功労章」を、
受賞したことが披露された。
25TN1_8607.jpg26TN1_8616.jpg27TN1_8635.jpg
28TN1_8645.jpg29TN1_8650.jpg30TN1_8668.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。