2021年01月14日 (12:04)

瑞浪市消防本部が令和2年「消防統計」(速報値)を発表

瑞浪市消防本部(足立博隆消防長)は、
令和2(2020)年「消防統計」
(速報値)をまとめた。
なお、出火件数には含まれているが、
令和2(2020)年12月に発生した、
火災1件についての損害額は、含まれていない。
概要は次の通り。

【火災】
出火件数は13件で、前年より3件の減少。
火災の種別は、
建物火災が4件(31パーセント)、
林野火災が2件(15パーセント)、
車両火災が1件(8パーセント)、
その他の火災が6件(46パーセント)だった。
損害額は2919万1千円。
火災による死者は0人で、負傷者は1人だった。

原因別で見ると、
電気装置が1件、
たき火が1件、
火入れが4件、
放火が1件、
その他が2件、
不明・調査中が4件だった。

1日平均出火件数は0・04件、
1日平均火災損害額は8万円、
建物1件あたりの平均損害額は727万8千円。
出火率(人口1万人当たりの出火件数)は、
平成31/令和元(2019)年は4・24件で、
令和2(2020)年は3・49件だった。
◆参考
総務省消防庁「消防統計(火災統計)」より。
◎平成31/令和元(2019)年
(1月~12月)の出火率(確定値)
【岐阜県】3・05件
【全国】2・96件

【救急・救助】
救急出動件数は1520件で、
前年より152件の減少。
搬送人員は1462人で、
前年より142人の減少だった。
事故種別の上位は、
「急病」が972件(64パーセント)、
「一般負傷」が227件(15パーセント)、
「交通事故」が119件(8パーセント)だった。

救助出動件数は20件で、前年より5件の増加。
救助人員は18人だった。
救助出動のうち、65パーセントが、
交通事故によるもの。
1日平均出動件数は4・16件で、
1日平均搬送人員は4・01人だった。

平成31/令和元(2019)年の
消防統計」の過去記事へ。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。