2021年01月27日 (14:16)

土岐市と土岐紅陵高校が地域包括支援センターのチラシを一新

土岐市は、今春、令和3(2021)年4月に、
「土岐市北部地域包括支援センター」を、
土岐市泉町久尻地内に新規開設する。
北部の新設に伴い、土岐市役所の高齢介護課内にあった、
「土岐市地域包括支援センター」の名称を、
「土岐市中部地域包括支援センター」に変更する。
今回、北部の新設・中部への名称変更に合わせて、
地域包括支援センターの「案内チラシ」を一新。
チラシのリニューアルを、岐阜県立土岐紅陵高校
(土岐市下石町)の生徒に、手伝ってもらった。
01TN1_9653.jpg02TN1_9665.jpg03TN1_9667.jpg
地元の高校生とのコラボチラシの作成は、
市民協働やファシリテーション(グループ活動支援)の
職員研修を受けた、高齢介護課の土岐市職員が発案。
土岐紅陵高校の総合学科「食と福祉系列」で学ぶ、
3年生3人を中心に、昨年11月から本日までの計6回、
リニューアルに向けた会議(授業)を重ねてきた。
04TN1_9668.jpg05TN1_9670.jpg06TN1_9675.jpg
生徒らは、これまでのチラシよりも分かりやすくするため、
表面には、地域包括支援センターの概要をまとめ、
裏面には、北部センター・中部センターに、
「土岐市西部地域包括支援センター」と、
「土岐市東部地域包括支援センター」を加えた、
計4センターの対象者・住所・電話・地図を明記。
「QRコード」を付けたほか、
生徒による手描きのイラストを入れ、
温かな雰囲気のチラシに仕上げた。
07TN1_9681.jpg08TN1_9694.jpg
作成に携わった土岐紅陵高校の
加藤圭也さん(3年生・18歳・けいや)と、
柘植麻有さん(3年生・18歳・まゆ)は、
「見やすくするため、チラシに盛り込むべき内容と、
削るべき内容の取捨選択が、難しかった。
地域包括支援センターの役割が、お年寄りの皆さんに、
正しく伝われば、うれしい」とか、
「自分は知っていても、人に知らせるため、
紙1枚にまとめる作業は、とても大変だった。
シンプルで、分かりやすいチラシができたので、
出来栄えには満足している」などと語った。
09TN1_9710.jpg10TN1_9704_20210127144328716.jpg
リニューアルしたチラシは、
土岐市の広報紙「広報とき」3月号に折り込み、
全戸配布(約1万8000戸)する。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。