2021年01月28日 (13:48)

医療審議会が両市長に新病院の建設候補地を答申

土岐市及び瑞浪市医療提供体制審議会は、
「医療提供体制の安定確保について」
(病院再編統合の一病院化に伴う
新病院の建設候補地に関すること)答申書を作成。
01TN1_9753.jpg02TN1_9767.jpg03TN1_9785.jpg
審議会の林上会長(はやしのぼる・
土岐市出身・中部大学特任教授)が、
土岐市の加藤淳司市長に答申書を手渡した。
答申は土岐市役所で行われ、
瑞浪市の水野光二市長も同席。
土岐市及び瑞浪市医療提供体制審議会は、
本日の答申をもって、終会した。
04TN1_9794.jpg05TN1_9808.jpg06TN1_9804.jpg
答申書では、両市長から諮問されていた、
土岐市肥田町浅野地内の土岐市有地を、最適な候補地とし、
「異論は無い」と結論づけた(付帯事項あり)。
建設候補地は、約8ヘクタールの荒れ地で、
土岐市営肥田グラウンドの西側に広がる土砂採取跡地
《うち、約1ヘクタールが沈砂池(ちんさち)》。
07TN1_9828.jpg08TN1_9841.jpg09TN1_9817.jpg
建設地の正式な決定は、今後、設立が予定されている、
一部事務組合「東濃中部病院事務組合」が行う。
建設候補地の「土地代」についても、
一部事務組合で協議する。
ちなみに、「土岐市及び瑞浪市休日急病診療所
(土岐市駄知町)は、土岐市有地に建っているが、
土地代については、瑞浪市は負担していない。
10TN1_9834.jpg11TN1_9851.jpg12TN1_9855.jpg
答申を受けた瑞浪市は、市民向けの説明会を、
本年度中に開催する方向で進める。
土岐市は、説明会の開催を予定していない。
【以下の画像3枚は、審議会の資料より】
web-第2回審議会用候補地全景図web01-病院化による新病院の建設候補地web02-病院化による新病院の建設候補地
【主な質疑応答】
記者
「瑞浪市は、市長をはじめ、市職員や市議会議員も、
病院経営にタッチした経験はなく、いわば『素人』。
一方、土岐市は、その経営結果はどうであれ、
病院経営については、十分な経験があるので、
病院建設についても、必然的に、
土岐市がリードしていく形になると思う。
現時点において、100パーセント、
土岐市側を信用しているか」

水野光二瑞浪市長
「病院経営について、土岐市は経験が豊富だが、
瑞浪市には経験がない。
これは事実だが、だからといって瑞浪市が、
『負担や役割を果たさない』というわけにはいかない。
両市で一部事務組合を設立し、運営を目指す以上、
その責任の重さは、土岐市も、瑞浪市も、
同じだと思っている」

記者
「(病院建設や病院経営の有無にかかわらず)
瑞浪市側の意向や瑞浪市民の思いについては、
一部事務組合を通じて、反映させるということか」

水野光二瑞浪市長
「ある面では、市民病院が無かった瑞浪市が、
今回、市民病院の建設に携われるということは、
『市民の意向が反映しやすくなった』とも言え、
『反映する権利を手にした』とも言える。
瑞浪市としての意見は出させていただき、
最後は、土岐市との擦り合わせになるだろう」

加藤淳司土岐市長
「『公立病院と民間の病院が1つになって、
新しい病院を造る』というふうに見えるが、
実際は『両市で新しい病院を造ろう』というもの。
瑞浪市と土岐市は、対等な立場にあると考える」
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム






Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。