2021年02月03日 (19:30)

松田宣浩選手が母校の中京高校硬式野球部にスポーツマスクを寄贈

プロ野球「福岡ソフトバンクホークス」の
松田宣浩内野手(37歳)が、
母校の中京高校(岐阜県瑞浪市)硬式野球部に、
スポーツマスク80枚を寄贈した。
松田選手の1学年先輩で、同じく硬式野球部のOB、
酒井健吉さん(土岐市泉町・38歳)が代理として、
同部の屋内練習場(瑞浪市土岐町)を訪問。
小田康一郎主将(2年生・17歳)に、
スポーツマスクを手渡した。
01TN1_0335.jpg02TN1_0336.jpg03TN1_0338.jpg
松田宣浩選手は、中京高校の卒業生(37回生)。
毎年12月には、酒井さんとともに母校を訪れ、
野球部の練習などを視察している。
今回のスポーツマスクの寄贈は、
松田選手が契約するスポーツ用品メーカー
「UNDER ARMOUR」(アンダーアーマー)の
協力を得て実現。
13TN1_0363.jpg14TN1_0355.jpg
中京高校の硬式野球部には現在、部員69人・
マネジャー3人・スタッフ4人が在籍しており、
予備を含め、全員分を届けた。
04TN1_0366.jpg05TN1_0368.jpg06TN1_0370.jpg
酒井健吉さんは、
松田選手から預かったメッセージとして、
「依然として、コロナ禍が続いているが、
高校野球にとっては、大事な時期に入っている。
野球部は集団行動なので、気を遣うことが多いはず。
少しでも力になりたくて、マスクを贈ります。
今年は、自分にとって、勝負の年なので、
野球部の皆さんも、一緒に頑張ろう」と代弁した。
07TN1_0372.jpg08TN1_0379.jpg09TN1_0386.jpg
マスクを受け取った小田康一郎主将は、
「新型コロナウイルス感染症対策として、
野球部全員に、スポーツマスクを下さり、
本当にありがとうございました。
いただいたマスクを活用し、
徹底したコロナ対策に努めます。
2年前の甲子園出場時には、松田選手にも、
球場に足を運んでいただきました。
昨年は中止になりましたが、
今年の夏は、松田選手にもう一度、
甲子園に来ていただけるように、
部員全員で頑張ります」と、お礼を述べた。
10TN1_0374.jpg11TN1_0388.jpg12TN1_0392_20210203203322930.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。