2021年02月13日 (19:06)

東濃厚生病院に超低温冷凍庫を配置【新型コロナワクチン用】

瑞浪市は、本日、2月13日(土曜日)に、
新型コロナワクチンを保管するための
超低温冷凍庫(ディープフリーザー)1台を、
JA岐阜厚生連が運営する、
「東濃中部医療センター・東濃厚生病院」
(瑞浪市土岐町)に、配置したと発表した。
web01-DSC6334.jpgweb02-DSC6337.jpg
新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、
国(厚生労働大臣)は、アメリカの大手製薬会社
ファイザー」が開発したワクチンを、
正式に承認する見込み。
ただし、ファイザー社製のワクチンは、
零下75度(マイナス75度)前後
(プラスマイナス15度)での保管を要するため、
国が超低温冷凍庫を調達し、
各自治体が決めた場所に配置している。
web03-DSC6338.jpgweb04-DSC6352.jpg
瑞浪市は、JA岐阜厚生連と協議し、
東濃厚生病院を「基本型接種施設」にすることを決め、
超低温冷凍庫を配置。
瑞浪市では、東濃厚生病院の1台のほか、
瑞浪市保健センター(上平町)に1台、
瑞浪市内の公共施設(未定)に1台、
計3台を設置する予定。
web05-DSC6344.jpgweb06-DSC6346.jpgweb07-DSC6359.jpg
東濃厚生病院に設置したのは、
PHCホールディングス株式会社製の
超低温フリーザー(MDF-C8V1-PJ)。
マイナス60度からマイナス85度まで、
温度設定をすることができる。
ワクチンが正式に承認されると、まずは、
医療従事者らを対象とした、先行接種が始まる。

【写真提供=瑞浪市】
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。