2021年03月12日 (23:23)

妻木小学校が文部科学大臣表彰を受賞【地域学校協働活動を推進】

「地域・学校づくり協議会」活動に取り組む、
土岐市立妻木小学校(妻木町・滝川直樹校長)が、
令和2(2020)年度
『地域学校協働活動』推進に係る
文部科学大臣表彰
」を受賞した。
妻木小学校学校運営協議会の黒田正直会長と、
滝川直樹校長が、土岐市役所を訪れ、
加藤淳司市長に、受賞の喜びを語った。
この表彰制度は、
平成23(2011)年度から始まったもので、
土岐市での受賞は、今回が初めて。
01TN1_5909.jpg02TN1_5918.jpg
土岐市教育委員会は、平成29(2017)年度に、
妻木小学校を、「コミュニティ・スクール
(学校運営協議会制度)のモデル校に指定。
平成30(2018)年4月1日に、
妻木小学校学校運営協議会が設置された。
妻木小学校の学校運営協議会は、
委員12人(現在は14人)で組織し、
地域にある10の支援団体を、
第1部会(生活・学習支援)・
第2部会(安全・環境整備)・
第3部会(地域交流・ボランティア)の3部会に整理。
各部会の中から3人ずつ、コーディネーターを選び、
住民が主体的かつ効率的に活動できる体制を敷いた。
03TN1_5921.jpg04TN1_5929.jpg
今回、評価されたのは、
会議や資料の保管などに利用するため、
学校内のワークルームを整備し、
学校運営協議会の活動拠点を設けたこと。
また、PTAの活動と学校運営協議会の活動を、
リンクさせ、行事の精選を図ることで、
教職員の働き方改革にもつなげた点などが、
他の模範になると、認められた。
05TN1_5938.jpg06TN1_5946.jpg
妻木小学校学校運営協議会の黒田正直会長は、
「もともと妻木地区は、
妻木公民館を中心にまとまっており、
コミュニティ・スクールの必要性については、
当初は懐疑的だったが、いざ組織化してみると、
先生方の立場や気持ちが分かり、
ほかの団体の活動などを知る機会にもなった。
例えば、これまでは、地域側は学校に対し、
夏祭りなどのイベントやボランティア活動に、
単に、子供の参加を呼び掛けるだけだったが、
それが教育にどうつながるのか、学校側の思いを、
考慮することの重要性に気付いた。
学校運営協議会を立ち上げたことで、
学校と地域との新しい接点が生まれ、
非常に良かったと思う」と述べた。
07TN1_5953.jpg08TN1_5958.jpg
なお、土岐市では現在、8つの学校運営協議会が、
市内の小・中学校計14校と、それぞれ連携。
3月19日(金曜日)には、
学校運営協議会同士をオンラインでつなぎ、
妻木小学校の取り組み事例や成果について、
情報共有を図る予定。
web-tumagisho-EPSON054.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。