2021年03月22日 (10:20)

土岐市消防本部が10トン水槽車を更新【ホースカーを搭載】

土岐市消防本部(山本達夫消防長)は、
10トン水槽車を更新。
新車両を土岐市役所の駐車場に持ち込み、
加藤淳司市長に報告・披露した。
01TN1_8071.jpg02TN1_7962.jpg03TN1_8065.jpg
04TN1_7950.jpg05TN1_7932.jpg06TN1_7924_20210322110352d82.jpg
07TN1_7965_20210322110728f39.jpg08TN1_7970.jpg09TN1_7982.jpg
土岐市消防本部には、
10トン水槽車が1台配備されているが、
旧車両は平成5(1993)年に購入。
老朽化したため、買い替えた。
10TN1_7974.jpg11TN1_7990.jpg12TN1_7993.jpg
13TN1_7998.jpg14TN1_8034.jpg15TN1_8000.jpg
16TN1_8005.jpg17TN1_8023.jpg18TN1_8037.jpg
旧車両と同様、新車両にも、給水栓を積載しており、
災害時には、給水車としての役割も果たす。
旧車両の水槽(タンク)は、
円筒状のいわゆるタンクローリータイプだったが、
新車両はボックスタイプになり、収納スペースが増えた。
このため、水の積載量10トンは変わらないが、
積載できるホースの数が、15本から30本の倍に増え、
延長が300メートルから600メートルに延びた。
また、新車両には新たに、「ホースカー」を搭載。
これにより隊員一人でも、ホースの延長が可能になった。
19TN1_8044.jpg20TN1_8050.jpg21TN1_8084.jpg
22TN1_8092.jpg23TN1_8096.jpg24TN1_8102.jpg
25TN1_8112.jpg26TN1_8122.jpg27TN1_8136.jpg
ベース車両は、日野自動車の8トン車(オートマ)。
購入費は6567万円(市単費)。
随意契約により、
日本機械工業株式会社名古屋営業所から取得した。
土岐市北消防署(肥田浅野笠神町)に配備し、
4月1日(木曜日)から、運用を開始する予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。