2021年03月25日 (12:35)

土岐商議所が東信に絵画を寄贈【土岐中央支店の完成を祝う】

東濃信用金庫(本店=多治見市・市原好二理事長)は、
「土岐市駅前支店」(泉町久尻・神田昌宏支店長)を、
新築移転する。
新店舗の場所は、
土岐市駅前支店の道向にあった同支店の駐車場で、
店名を「土岐中央支店」に変える。
土岐市駅前支店での営業は、4月2日(金曜日)までで、
4月5日(月曜日)に、土岐中央支店がオープンする。
01TN1_8954_202103251330030fc.jpg02TN1_8958.jpg03TN1_8965.jpg
現在の土岐市駅前支店は5階建てで、
旧土岐津信用金庫の本店があった建物。
築後約60年が経過し、老朽化したため、新築移転する。
土岐市駅前支店は、今年の9月末までに取り壊し、
土岐中央支店の駐車場になる予定。
新店舗の土岐中央支店は2階建てで、
1階部分に「共用スペース」を設けた。
共用スペースでは、石黒商事株式会社
(本社=土岐市泉町久尻・石黒義啓代表取締役)が、
「コメダ珈琲店」を運営する。
コメダ珈琲店のオープンも、4月5日(月曜日)。
04TN1_8910.jpg05TN1_8913.jpg06TN1_8917.jpg
07TN1_8933.jpg08TN1_8939.jpg09TN1_8928.jpg
新築移転を祝い、土岐商工会議所(大島健太郎会頭)は、
土岐市泉町久尻の出身で、画家や陶芸家として活躍した、
故・岡田正志氏(1925─2019・まさし)の絵画
「静物」(油彩画・100号・制作年不明)を寄贈。
贈呈式が本日、オープン前の土岐中央支店で開かれ、
土岐商工会議所の大島健太郎会頭が、
東濃信用金庫の市原好二理事長に、目録を手渡した。
寄贈品は、土岐商工会議所の旧建物が、
昭和49(1974)年に完成した時から、
旧建物内に飾られていた作品。
土岐商工会議所は、今回の寄贈に際し、額縁を新調した。
作品は、土岐中央支店の応接室に飾られる。
10TN1_8835.jpg11TN1_8842.jpg12TN1_8849.jpg
13TN1_8850.jpg14TN1_8853.jpg15TN1_8899.jpg
土岐商工会議所の大島健太郎会頭は、
「この絵画は、土岐商工会議所の旧建物では、
あまり人目に付かない場所にあったが、
東信さんの土岐中央支店に飾られることで、
多くの人に見ていただき、日の目を見ることになる。
わたしが会頭に就任した際、多くの人たちから、
『土岐市の駅前はどうなっとる』とか、
『あれじゃあ、あかんじゃないの』などと言われた。
喫茶店を併設する土岐中央支店が、駅前活性化の
起爆になることを期待します」と述べた。
16TN1_8892.jpg17TN1_8890.jpg18TN1_8871.jpg
19TN1_8878.jpg20TN1_8885.jpg21TN1_8904.jpg
東濃信用金庫の市原好二理事長は、
「土岐市の駅前に、とにかくにぎわいを呼ぶため、
東信としては初めて、喫茶店『コメダ珈琲』との
併設の店舗を造った。
土岐市駅前支店の名称を、土岐中央支店に変えたのは、
土岐市内には7つの支店があるが、ここを中核店とし、
土岐市全体のリーダー店にするため。
今回、いただいた絵画には、土岐商工会議所さんと、
土岐中央支店が連携を深めていく、
象徴的な意味が込められている。
今後も、土岐市の活性化のために、
尽くしていきます」と語った。
web01-20210226toki.jpgweb02-20210226toki.jpg
土岐中央支店についての問い合わせは、
東濃信用金庫・土岐市駅前支店
(TEL0572─54─2101)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。