2021年03月26日 (22:02)

中根のり子先生が肥田小から蘇州日本人学校へ【文科省の派遣教員】

土岐市立肥田小学校
(肥田町肥田・梅村玉祈校長)の
中根のり子教諭(42歳)が、
文部科学省の「令和3(2021)年度・
在外教育施設派遣教員」として、
中国・江蘇省・蘇州市にある小中一貫校
蘇州日本人学校」に派遣される。
中根のり子教諭と梅村玉祈校長が、
土岐市役所を訪れ、山田恭正教育長に抱負を述べた。
01TN1_9570.jpg02TN1_9577.jpg
文部科学省では、海外子女教育の重要性をかんがみ、
海外に在留する日本人の子供に対して、
国内の小・中学校に準ずる教育の機会を提供するため、
日本人学校および補習授業校へ、教員を派遣している。
蘇州市は、繊維・精密化学・製紙・電子工業など、
産業が盛んで、経済規模は江蘇省最大。
上海市から、高速道路で1時間程度の場所にあり、
多くの日系企業が進出している。
03TN1_9590.jpg04TN1_9589_20210327020942ea9.jpg
中根のり子教諭の専門は英語。
本年度は3年生の担任だった。
文部科学省の派遣教員に選ばれるため、
2年前から試験を受けてきた。
肥田小学校に、教員としての籍を置いたまま、
文部科学省からの委嘱を受けて、派遣される。
派遣期間(予定)は、
令和3(2021)年4月1日から、
令和5(2023)年3月31日までの2年間。
なお、4月4日(日曜日)に出国するが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
2週間、中国のホテルに滞在し、
さらに2週間、派遣先の自宅で待機。
本格的に教壇に立つのは、5月からとのこと。
現地では小学部の担任として、全教科を教える。
中国への渡航は、旅行も含め、初めて。
05TN1_9613.jpg06TN1_9598.jpg
中根のり子教諭は、
「これまで小学校の外国語活動に、
力を入れてきたので、赴任先でも実践したい。
児童のコミュニケーション能力の向上を図り、
グローバルな人材の育成に努めます。
土岐市・岐阜県の教育に役立てるため、
成長して戻ってきます。
休職し、一緒に来てくれる夫には、
本当に感謝しています」と語った。
web-nakane-EPSON101.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。