2021年04月01日 (16:03)

土岐市が不法投棄監視員に委嘱状【任期は令和4年度まで】

土岐市不法投棄監視員の委嘱式が、
土岐市文化プラザ・ルナホール
(土岐津町土岐口)で開かれた。
01TN1_0905_202104011620271f6.jpg02TN1_0912.jpg
土岐市不法投棄監視員は、
土岐市不法投棄の防止に関する要綱」に基づき、
委嘱される制度。
土岐市内の不法投棄を防止するため、
市内各町から内申された、
計39人(新人24人・再任15人/
男性39人・女性0人)が務める。
03TN1_0924.jpg04TN1_0935.jpg
主な職務内容は、月2回以上、
受け持ち地域を巡視し、活動状況を、
「不法投棄監視状況報告書」にまとめ、
市長に報告すること。
これまでは、市の特別職の非常勤職員だったが、
今回からは、有償ボランティアとし、
それに伴い、報酬を謝礼に変更した。
月額1万円が支払われるのは変わらない。
任期は2年間で、
令和3(2021)年4月1日から、
令和5(2023)年3月31日まで。
05TN1_0954.jpg06TN1_0944.jpg
また、これまで委嘱状は、市長が、
各町の代表8人に授与していたが、今回は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
代表1人に絞った。
監視員39人を代表し、吉田孝さん
(再任・駄知町・85歳・たかし)が、
委嘱状を受け取った。
07TN1_0957.jpg08TN1_0899.jpg
加藤淳司市長は、
「この不法投棄監視員制度は、
平成5(1993)年にスタートした。
不法投棄を防止することで、
市内の生活環境の保全ならびに、
公衆衛生の向上が図れている。
監視員の皆さんのおかげで、ここ数年は、
ごみが散乱して捨てられている光景を、
目にすることは、格段に少なくなった。
不法投棄を限りなくゼロにするため、
地域で目を光らせていただきますが、
不届きな人がいる可能性もあるので、
まずは身の安全を、第一にしてほしい。
住みやすい土岐市にするため、
2年間、大変お世話になりますが、
よろしくお願いいたします」と述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。