2021年04月23日 (12:32)

新種「エイキガニ」の化石を発見【キトウガニ類の化石は世界初】

瑞浪市化石博物館(明世町山野内)は、
瑞浪市内の瑞浪層群明世層
(1800万年前の地層)から、
キトウガニ(鬼頭蟹)の仲間の化石を、
世界で初めて発見したと発表。
現生種と異なる新種とし、
学名を「Orithyia eikii Karasawa,2020」
(オリシイア・エイキイ・カラサワ・2020)、
和名を「エイキガニ」と命名した。
01TN1_4740.jpg02TN1_4747.jpg03TN1_4752.jpg
04TN1_4781.jpg05TN1_4770.jpg06TN1_4777.jpg
キトウガニは現在、
主に黄海の沿岸部に生息しているが、
日本列島には生息していない。
甲羅の模様が、鬼の頭に見えるほか、
虎の顔にも見えるため、別名、
「タイガーフェイスクラブ」とも呼ばれている
※学名は「Orithyia sinica
(オリシイア・シニカ)。
海水に住む食用の蟹(カニ)だが、
現生種1種のみが知られているだけで、
これまでに化石は見付かっていなかった。
07TN1_4722.jpg08TN1_4830.jpg09TN1_4820.jpg
10TN1_4766.jpg11TN1_4758.jpg12TN1_4791.jpg
昨秋、令和2(2020)年10月に、
瑞浪市化石博物館のボランティアが発見。
甲羅の大きさは約6センチで、
ほぼ完全体で見付かった。
甲羅の模様は、現生種とほぼ同じ。
ただし、下縁(かえん)部分のトゲ(突起)が、
現生種は左右3つが対になっているが、
化石の方は左右2つが対になっており、
新種と断定した。
13TN1_4794.jpg14TN1_4802.jpg15TN1_4809_2021042313244682a.jpg
なお、エイキガニという名前は、
岐阜県地歌舞伎保存振興協議会の会長として、
地歌舞伎の保存や振興に努めた、
故・小栗榮輝氏(おぐり・えいき)の
功績をたたえるため、付けた。
エイキガニは瑞浪市化石博物館で、
4月24日(土曜日)から、
5月30日(日曜日)まで展示する。

問い合わせは、瑞浪市化石博物館
(TEL0572─68─7710)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。