2021年04月24日 (20:45)

中京学院大学で外部講師講演会【瑞浪市職員から地域貢献の方法を】

中京学院大学(林勇人学長)は、
瑞浪キャンパス(瑞浪市土岐町)で、
「令和3(2021)年度・地域貢献・
外部講師講演会」を開いた。
中京学院大学の学生と中京高校の生徒、
計約50人が聴講した。
01TN1_4851.jpg02TN1_4899_20210424212451050.jpg03TN1_4937.jpg
外部講師を招いて、地域貢献ができる、
大学生や高校生を育てるための講演会。
講師は、中京高校の卒業生で、瑞浪市職員の
中筬高弘さん(なかおさたかひろ・36歳・
まちづくり推進部市民協働課主査)が務めた。
中京学院大学と瑞浪市は、
平成25(2013)年6月に、
連携協定を締結しているが、瑞浪市職員が、
外部講師を務めるのは、初めて。
04TN1_4921.jpg05TN1_4954.jpg06TN1_4944.jpg
07TN1_4964.jpg08TN1_4968.jpg09TN1_4975.jpg
中筬高弘さんは、
瑞浪市が行うシティープロモーション事業
(シティプロモーション事業)に、
若者が積極的に参画できるようにするため、
瑞浪市の現状・課題・施策などを説明。
「価値観や生活様式が変わってきている中で、
行政の需要も変わってきている。
市では、市民アンケートをお願いしているが、
世帯主の意見が中心で、
若い人たちの考えや思いが拾えていない。
ただ逆に、皆さんからしてみれば、
声を上げたくても、上げ方が分からないと思うので、
その橋渡しがしたい」と述べた。
10TN1_4978.jpg11TN1_4991.jpg12TN1_5000.jpg
また、令和2(2020)年度に創設した、
「瑞浪市域学連携推進事業交付金」を紹介したり、
ゲームソフトを活用した、
シティプロモーション事業への参加を、
呼び掛けたりもした。
13TN1_5018.jpg14TN1_5024.jpg15TN1_5028.jpg
16TN1_5038_20210424212755ea8.jpg17TN1_5044.jpg18TN1_5055.jpg
質疑応答では、学生から、
「瑞浪駅周辺の再開発事業では、
子育て世代を支援する施設はできるのか」とか、
「地域住民とのコミュニケーションを図る上で、
気を付けていることは何か」、
「情報発信をする際に、多言語化は進んでいるか」
といった質問が出た。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。