2021年05月13日 (13:28)

聖火リレーのトーチとユニホームを稲津公民館で展示【東京五輪】

東京2020オリンピック聖火リレーで使用した、
トーチとユニホームが、稲津公民館
(瑞浪市稲津町小里)のロビーに展示してある。
展示期間は5月31日(月曜日)まで。
※ガラスケースの中に飾ってあり、
トーチに触れることはできない。
01TN1_7613.jpg02TN1_7616.jpg03TN1_7680.jpg
展示品のトーチとユニホームは、
東京2020オリンピックの聖火ランナーを、
瑞浪市民で唯一務めた、薄井義彦さん
(瑞浪市稲津町小里・56歳・うすいよしひこ・
瑞浪市陶町猿爪出身)が所有する物で、
稲津公民館が借り受けた。
04TN1_7619.jpg05TN1_7625.jpg06TN1_7667_20210513140519d72.jpg
教師の薄井義彦さんは、体育が専門で、現在は、
瑞浪市教育委員会の事務局次長を務めている。
五輪の協賛企業(ゴールドパートナー)による、
聖火ランナーの募集に応募し、当選した。
今年の4月3日(土曜日)に、
中津川市馬籠の宿場内、石畳の坂道を、
100メートルほど、ゆっくり上った
(※瑞浪市はコースに選ばれていない)。
07TN1_7663.jpg08TN1_7659.jpg09TN1_7673_202105131405248b9.jpg
薄井義彦さんは、
「わたしが生まれた昭和39(1964)年は、
前回の東京オリンピックが開かれた年。
また、大学1年生の時に、担任だった、
東京五輪の金メダリスト・早田卓次先生に、
金メダルを触らせていただき、
オリンピックへのあこがれを持った。
自分が走る姿を見せることで、
オリンピックを夢見る子供が、
たくさん出て来てくれることを期待して、
聖火ランナーに応募した」と語り、
「メールとハガキで、当選通知が来た時は、
飛び上がるほどうれしかった。
当日は、桜が咲き、天気も良く、
家族・親せき・教え子からの応援を受けながら、
気持ち良く走ることができた。
大変な時期になっているが、明るい話題として、
オリンピックを身近に感じてほしい」と述べた。
10TN1_7631.jpg11TN1_7646.jpg
問い合わせは、稲津公民館
(TEL0572─68─3201)まで。
なお、本日、5月13日(木曜日)をもって、
東京オリンピック(東京五輪)の開幕まで、
残り71日となった。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。