2021年06月03日 (13:25)

瑞浪小学校でオンライン授業【岐阜県美術館とは市内初】

瑞浪市教育研究会(図画工作科・美術科部会)は、
瑞浪市立瑞浪小学校(北小田町・西尾正代校長)で、
岐阜県美術館(岐阜市)とのオンライン授業を実施。
インターネットを介して、岐阜県美術館の職員が、
美術作品の鑑賞方法などを、児童に教えた。
01TN1_8401.jpg02TN1_8416.jpg03TN1_8434_20210603144611d82.jpg
04TN1_8439.jpg05TN1_8462.jpg06TN1_8466.jpg
瑞浪市教育委員会では令和2(2020)年度末に、
市内の公立の小・中学校で学ぶ児童・生徒用として、
1人に付き1台貸与できるように、タブレット端末
「Chromebook」(クロームブック)を導入。
本年度、令和3(2021)年度を、
「ICT元年みずなみ」と定め、
ICTを活用した授業を推進している。
岐阜県美術館との双方向オンライン授業は、
瑞浪市内では初めて。
07TN1_8467.jpg08TN1_8475.jpg09TN1_8517_2021060314485922d.jpg
瑞浪小学校の2年生のうち、30人が受講。
授業は2年白組の担任・髙垣和美教諭が進め、
岐阜県美術館学芸部教育普及係の古川尚路さん
(美術科教諭)が、外部講師を務めた。
瑞浪小学校と岐阜県美術館は、
ビジネス会議サービス「Google Meet
(グーグル・ミート)でつないだ。
10TN1_8479.jpg11TN1_8500.jpg12TN1_8489.jpg
鑑賞した作品は、岐阜県美術館のコレクションで、
オディロン・ルドンの絵画「蜘蛛」(クモ)。
児童らは、タブレットに絵画を写し出し、鑑賞。
感じた印象を発表し合った後、
自分が想像した蜘蛛を、色鉛筆で描いた。
13TN1_8497.jpg14TN1_8506.jpg15TN1_8538.jpg
岐阜県美術館の古川尚路さんは、
「ルドンはクモを、
本物そっくりに描いたわけではなく、
空想して描いていることが、分かったと思う。
よく見ること・想像することが、
美術を楽しむためのコツ。
さらに、自分がイメージした物を作り出せたら、
もっと楽しくなるよ。
言葉で伝えなくても、気持ちが伝わるのが、
美術です」と、スクリーン越しに教えた。
16TN1_8531.jpg17TN1_8542.jpg18TN1_8536.jpg
19TN1_8544.jpg20TN1_8565_2021060314580837e.jpg21TN1_8554.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。