2021年06月11日 (16:07)

瑞浪市職員が自主研修でCP事業を【域学連携を活用】

瑞浪市職員の有志5人が、
「域学連携を活用した
シティプロモーション事業」を行おうと、
グループ「MCP研究室」を立ち上げた。
01TN1_9035.jpg02TN1_9049.jpg03TN1_9070.jpg
MCP(Mizunami City Promotion)研究室は、
瑞浪市職員自主研修実施要綱」に基づくもの。
瑞浪市が取り組みだしている、
シティプロモーション
(シティープロモーション)について、
大学生や高校生の参画を仰ぎながら、
瑞浪市の魅力を発信しようと企画した。
04TN1_9073.jpg05TN1_9075.jpg06TN1_9082.jpg
事業に参画する若者は、
瑞浪市が連携協定を結んでいる大学・高校のうち、
中京学院大学(中津川キャンパス)から4人、
瑞浪高校から6人、中京高校から10人、
麗澤瑞浪高校から3人の学生・生徒で、
MCP研究室の瑞浪市職員5人を加えた、
計28人で取り組む。
07TN1_9085.jpg08TN1_9087.jpg09TN1_9093.jpg
主な内容は2つで、1つ目は、
瑞浪市まちづくり推進協議会連絡会と、
瑞浪地区まちづくり推進協議会が実施する、
インスタグラム(SNS)を活用した、
フォトコンテスト「#いいかも瑞浪」
(#=ハッシュタグ)への協力・参加。
2つ目は、ゲームソフト
あつまれ どうぶつの森」を活用し、
ゲーム上に架空の島「みずなみ島」
(みずなみじま)を作成すること。
10TN1_9043.jpg11TN1_9058.jpg12TN1_9099.jpg
これらを実現するため、学生・生徒を3班に分け、
班ごとに瑞浪市内の魅力を探ってもらおうと、
担当地区を決めた。
今後はグループワークを行い、
インスタ映えしそうな場所を選定。
現地視察では、
フォトコンテスト用の写真を撮影したり、
みずなみ島で表現したい事柄を検討したりする。
13TN1_9105.jpg14TN1_9111.jpg15TN1_9113.jpg
本日は、MCP研究室の瑞浪市職員が、
瑞浪高校(瑞浪市土岐町)で、
同校の生徒を対象にした説明会を開催。
瑞浪市役所市民協働課の
伊藤允一係長(よしひと)と、
中筬高弘主査(なかおさ)の2人が、
事業内容を説明した。
16TN1_9116.jpg17TN1_9130.jpg18TN1_9129.jpg
なお、みずなみ島は、来年、
令和4(2022)年1月上旬までに、
公開する予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。