2021年07月06日 (16:14)

土岐美濃焼卸センターが職域接種を開始【土岐市陶商も含め1000人】

協同組合土岐美濃焼卸センター
(加藤東衛理事長・組合員数55社)は、
本日、7月6日(火曜日)から、
土岐市泉北山町の「織部ヒルズ
(土岐美濃焼卸商業団地)内、
土岐美濃焼卸センター・大ホール
(組合会館・大ホール)で、
組合員従業員やその家族らを対象とした、
新型コロナウイルスワクチンの
集団職域接種を開始した。
01TN1_3693.jpg02TN1_3697.jpg03TN1_3702.jpg
職域接種とは、地域の負担を軽減し、
接種の加速化を図るための制度。
賛同する企業や大学などが、
医療従事者や誘導スタッフ、接種場所などを、
自ら確保することで、従業員や学生、その家族、
関連企業の従業員などを対象者とした、
職域単位での接種が可能となる。
ただし、新規の申請受付については、
令和3(2021)年6月25日(金曜日)
午後5時をもって、一時休止している
(再開時期は未定)。
04TN1_3762.jpg05TN1_3709.jpg06TN1_3721.jpg
国は、職域接種の要件として、
1000人規模での接種
(1000人×2回=2000回接種)を求めたが、
協同組合土岐美濃焼卸センターの組合員従業員数は、
その家族を含めても、700人ほどだった。
そこで、土岐市陶磁器卸商業協同組合にも呼び掛け、
残りの約300人を集めた。
1000人単位の枠を確保できたため、
6月11日(金曜日)に厚生労働省へ申請し、
6月24日(木曜日)に職域接種の承認を受けた。
07TN1_3731_20210706174455bd3.jpg08TN1_3734.jpg09TN1_3741.jpg
ワクチンは、ファイザー社製ではなく、
武田/モデルナ社ワクチン(18歳以上を対象。
接種間隔は4週間。同一会場での2回接種)。
問診と接種は、安藤整形外科
(土岐市肥田浅野朝日町)が協力する。
医師2人が問診を受け持ち、看護師6人で、
4つの接種コーナーを開設した。
土岐美濃焼卸センターでは今後、
週2日、1時間半ずつ接種時間を設け、
各日150人が接種を受ける。
8月31日(火曜日)までに、
2回目の接種を終わらせる予定。
10TN1_3746.jpg11TN1_3765_20210706174524f89.jpg12TN1_3754.jpg
土岐美濃焼卸センターの加藤東衛理事長
(67歳・とうえ・三郷陶器株式会社)は、
「卸売業は、メーカーや小売店などと接するが、
オンラインでは限界があり、
通常の営業活動を行うためにも、
早くワクチン接種を行いたかった。
また、織部ヒルズには道の駅『志野・織部』と、
12の陶磁器小売りショップもあり、お客様に、
少しでも安心していただきたかった。
今回、職域接種ができたのは、
土岐美濃焼卸センターだけにとどまらず、
土岐市の陶商にも接種を呼び掛け、
いち早く1000人を集められたから。
問診と接種を担当して下さる安藤整形外科には、
感謝したい」と述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。