2021年07月12日 (12:07)

西尾建設が稲津小学校で工事現場見学会【土砂崩れを復旧中】

瑞浪市立稲津小学校
(稲津町小里・田口宏二校長)では、
昨年、令和2年7月豪雨により、
グラウンド(運動場)の北側法面(のりめん)で、
土砂崩れが発生した。
当時、応急的な措置は施したが、
本年度、令和3(2021)年4月からは、
本格的な復旧工事
現年教育施設補助災害復旧事業」が始まった。
01TN1_4043.jpg02TN1_4048_20210712135706e8e.jpg03TN1_4053.jpg
04TN1_4057.jpg05TN1_4059.jpg06TN1_4198.jpg
07TN1_4073.jpg08TN1_4195.jpg09TN1_4076.jpg
崩壊した範囲は、
幅約50メートルで、長さは約37メートル。
のぼりロープ一式・防球ネット20メートル・
ネットフェンス40メートルも被災した。
10TN1_4079.jpg11TN1_4083.jpg12TN1_4085.jpg
13TN1_4095.jpg14TN1_4102.jpg15TN1_4105.jpg
16TN1_4134.jpg17TN1_4127.jpg18TN1_4118.jpg
崩壊部分の復旧工事については、
いったん、法面の土砂をグラウンドに上げ
(掘削高さ約15メートル・掘削幅約24メートル)、
セメントを混ぜ、強度を高めた後、
再び法面に盛り土をするというもの。
排水工事も合わせて行う。
事業の契約金額は約1億3000万円で、
今年の10月3日までに完了する予定。
19TN1_4190.jpg20TN1_4143.jpg21TN1_4151.jpg
22TN1_4164.jpg23TN1_4167.jpg24TN1_4173.jpg
25TN1_4178.jpg26TN1_4182.jpg27TN1_4185.jpg
工事を請け負っているのは、株式会社西尾建設
(本社・瑞浪市稲津町小里、西尾治徳代表取締役社長)。
工事の内容を教えたり、ショベルカー(バックホー)の
試乗体験をさせたりしようと、全校児童を対象にした、
「工事現場見学会」を企画した。
本日は、2年生38人が参加。
児童らは、西尾建設工務課の大原正靖さん
(工事責任者)から、工法などを学んだ後、
順番に重機に座り、その大きさを確認した。
web0107-4-7(教育総務課)現年教育施設補助災害復旧事業
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。