2021年07月17日 (17:39)

土岐市の親子15組が肥田川の上流で水生生物調査

土岐市(土岐市役所生活環境課)は、
肥田川の上流(土岐市鶴里町地内)で、
「水生生物調査(カワゲラウオッチング・
生き物調査)」を実施。
その後、鶴里公民館(鶴里町)で、
環境学習教室を開いた。
01TN1_4879.jpg02TN1_4889_202107172209133f7.jpg03TN1_4893.jpg
04TN1_4894.jpg05TN1_4901.jpg06TN1_4908.jpg
07TN1_4938_20210717220922a93.jpg08TN1_4967.jpg09TN1_4958.jpg
土岐市では、25年以上前から毎年、
環境学習教室を開催。
※昨年、令和2(2020)年度は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止。
水質浄化や環境保全の重要性を、
土岐市民に教えている。
10TN1_4945.jpg11TN1_4950_20210717221141a3d.jpg12TN1_4954.jpg
13TN1_4937.jpg14TN1_4959.jpg15TN1_4931.jpg
16TN1_4973.jpg17TN1_4919.jpg18TN1_4977_2021071722115404b.jpg
本年度は、土岐市内在住の小学生親子、
6組12人を募集したところ、
36組93人から応募があったため、定員を拡大。
抽選により、15組39人が参加した。
講師は一般財団法人岐阜県公衆衛生検査センター
(岐阜市曙町)環境課の溝口智子さんが務めた。
土岐市生活学校(金山富士子代表)が協賛し、
メンバー5人も一緒に学んだ。
19TN1_5016.jpg20TN1_5013_20210717221154012.jpg21TN1_5025.jpg
22TN1_4989.jpg23TN1_4996.jpg24TN1_4991.jpg
25-02-TN1_5020.jpg26TN1_5008.jpg27TN1_5031.jpg
水生生物調査を行った場所は、
濃南小学校と濃南中学校の間を流れる肥田川で、
濃南小学校の駐車場沿い。
参加した親子らは、川底にタモを構えると、
足で川岸をガサゴソ・ガサゴソしたり、
石の裏を引っ繰り返したりして、
水生生物を採集した。
見付かったカワゲラ・サワガニ・ミズカマキリ・
コオニヤンマ・カワムツなどを分類。
指標生物の種類や数を基に、水質階級を判定した。
28TN1_5034.jpg29TN1_5060.jpg30TN1_5064.jpg
31TN1_5077.jpg32TN1_5080.jpg33TN1_5091.jpg
34TN1_5094.jpg35TN1_5100.jpg36TN1_5113.jpg
鶴里公民館での環境学習教室では、
事前にくんできた4カ所の川の水を使って、
化学的な調査「パックテスト」を実施。
「pH(ペーハー)」と、
「COD(化学的酸素要求量)」を判定した。
また、クイズなどを通して、どうしたら、
川の水をきれいに保てるのか、親子で考えた。
37TN1_5119.jpg38TN1_5121.jpg39TN1_5125.jpg
40TN1_5149.jpg41TN1_5134.jpg42TN1_5177.jpg
今回の調査結果は次の通り。
【肥田川の上流】
pH6・5~7、COD2~4
【肥田川の下流】
pH7、COD2
【妻木川の上流】
pH7、COD1
【妻木川の下流】
pH7・5、COD1
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。