2021年07月22日 (21:47)

カマドボックスの開設に向けてDIY【釜戸町に新拠点を】

瑞浪市と岐阜大学は、
JR釜戸駅前の空き物件を賃借し、
釜戸の新しいまちの拠点
「カマドボックス」を設ける。
今年9月(予定)の開設に向けて、
釜戸町の住民や岐阜大学の学生ら約30人が、
DIYによる改修・整備に取り組みだした。
01TN1_6212.jpg02TN1_6065_202107230017292e1.jpg03TN1_6074.jpg
04TN1_6070.jpg05TN1_6076.jpg06TN1_6108.jpg
瑞浪市は、市内初となる「道の駅」を、
釜戸町上平地区内に設置しようと、
計画を進めている。
令和9(2027)年の開駅を目指し、
瑞浪市道の駅基本構想」を策定。
本年度、令和3(2021)年度は、
「瑞浪市道の駅基本計画」を完成させる予定。
07TN1_6088.jpg08TN1_6091.jpg09TN1_6097.jpg
10TN1_6105.jpg11TN1_6193.jpg12TN1_6194.jpg
基本構想・基本計画の策定には、
学識経験者をはじめ、各種団体の代表や、
まちづくり関係者、公募の市民らでつくる、
「瑞浪市道の駅検討委員会」に諮っている。
今回の「カマドボックス」は、
検討委員会の委員で、岐阜大学
社会システム経営学環(都市・景観研究室)の
出村嘉史教授が中心となり、推進
(共同事業者=株式会社ミユキデザイン)。
道の駅の運営や活用について、地元住民に、
主体的な参加・参画を促すための実験的な場所・
きっかけづくりの拠点にする。
13TN1_6199.jpg14TN1_6196.jpg15TN1_6206.jpg
16TN1_6099_20210723001853d97.jpg17TN1_6111.jpg18TN1_6110.jpg
カマドボックスの場所は、ビル(2階建て)の
2階部分(32平方メートル)。
なお、1階部分は、
株式会社吉川工務店の瑞浪営業所と、
車庫(ガレージ)になっている。
本日は、壁の色塗りや木箱作りなどに励んだ。
19TN1_6119.jpg20TN1_6153.jpg21TN1_6182.jpg
22TN1_6165.jpg23TN1_6168.jpg24TN1_6173.jpg
岐阜大学の出村嘉史教授(45歳・
工学博士・一級建築士・でむらよしふみ)は、
「瑞浪恵那道路の開通・道の駅の開駅は、
長期事業であり、この間に、
地元住民同士のつながりを、密にしたい。
そして、道の駅が完成した際は、
すぐに釜戸町の活性化に生かせるように、
カマドボックスを、試行錯誤の場・
意見交換の場・面白い場にしていく。
今回のDIYは、地域住民と岐大生が、
共同作業を通じて、コミュニケーションを、
図るための第1弾」と語った。
web01-カマドボックス-EPSON054web02-カマドボックス-EPSON055
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。