2021年08月17日 (17:15)

中京高校の軟式野球部が全国大会へ【4大会連続24回目の出場】

中京高校(瑞浪市土岐町・和田尚校長)の
軟式野球部(平中亮太監督・部員30人)が、
「第66回全国高等学校軟式野球選手権
東海大会」で優勝。
4大会連続・24回目の全国大会出場を決めた。
瑞浪市役所で、出場報告会が開かれ、
福井健治コーチと内野光一主将が、
東海大会の優勝旗を持参し、
水野光二市長に抱負を述べた。
01TN1_0200.jpg02TN1_0207.jpg03TN1_0196.jpg
「第66回全国高等学校軟式野球選手権大会」は、
明石トーカロ球場(兵庫県明石市)と、
ウインク球場(兵庫県姫路市)で、
8月25日(水曜日)に開幕する。
全国大会には16校が出場。
中京高校(東海・岐阜県)の初戦は、
8月26日(木曜日)午前10時から、
仙台育英高校(東東北・宮城県)と、
明石トーカロ球場で対戦する。

昨年、令和2(2020)年に予定していた、
「第65回全国高等学校軟式野球選手権大会」は、
新型コロナウイルス感染症対策で中止になった。
中京高校は、全国大会においては、
平成31/令和元(2019)年に、
3大会連続・10回目の優勝を果たしており、
《※全国大会3連覇は、第4~6回大会を制した、
平安高校(京都府、現・龍谷大平安)に続き、
史上2校目。優勝回数10回は、単独で歴代最多》
今回は4大会連続・11回目の全国制覇を目指す
(※4連覇を達成すると、史上初となる)。
04TN1_0221.jpg05TN1_0233.jpg06TN1_0240_20210817172720c79.jpg
中京高等学校の戦績は下記の通り。
《岐阜大会(10校)・うちAグループ(5校)》
(2回戦シード・12対0)岐阜聖徳
(決勝・1対0)県岐阜商業
《東海大会(8校)》
(1回戦・2対0)高田(三重県B)
(2回戦・5対0)名城大附属(愛知県B)
(決勝・10対3)桜丘(愛知県A)

出場する監督・コーチ・選手は次の皆さん。
平中亮太(監督・りょうた)
福井健治(コーチ・責任教師・けんじ)
内野慎太郎(3年生・しんたろう)
内野光一(3年生・こういち)
森岡健太朗(3年生・けんたろう)
荒井優真(1年生・ゆうま)
伊佐次快麻(2年生・かいま)
安藤一平(3年生・いっぺい)
加藤渚(3年生・なぎさ)
柳瀨泰成(3年生・たいせい)
佐伯飛翠(3年生・ひすい)
谷本忠之(2年生・ただゆき)
井上裕翔(3年生・ひろたか)
上田仁太(2年生・じんた)
伊藤大希(2年生・たいき)
松井颯士(2年生・はやと)
安藤瑠羽(3年生・るう)
平塚昭匡(2年生・あきまさ)

なお、内野両選手は双子で、
兄の内野光一捕手(主将)と、
弟の内野慎太郎投手(主戦・エース)は、
バッテリーを組む。
07TN1_0258.jpg08TN1_0248.jpg09TN1_0261.jpg
内野光一主将は、
「新型コロナの影響で、昨年の先輩方は、
この舞台に立つことができず、
計り知れないほど、悔しい思いをされた。
自分たちは、日本一になることを託されている。
歴代の先輩方に比べ、絶対的な選手がおらず、
昨年の冬からは、全員で戦う野球に取り組んできた。
先を見ず、一戦一戦、中京の軟式で戦い、
全国大会の優勝旗を、瑞浪市に持ち帰ります」と、
意気込みを語った。
今年のチームは、スローガンとして、
「我束常闘(がそくじょうとう)」と、
「超改覚(ちょうかいかく)」を掲げている。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。