2021年09月10日 (14:38)

舘正之院長が東京オリパラの選手村に従事【東濃の医師では唯一】

タチ医院(瑞浪市土岐町)の院長、
舘正之医師(59歳・たちまさゆき)が、
東京2020オリンピック(東京五輪)および、
東京2020パラリンピックの選手村で、
内科と発熱外来を担当した。
舘正之医師が瑞浪市役所を訪れ、
医師として従事した経験を、
水野光二市長と山田幸男教育長に報告した。
01TN1_3106.jpg02TN1_3109.jpg03TN1_3121.jpg
04TN1_3130.jpg05TN1_3117.jpg06TN1_3133.jpg
舘正之院長の専門は内科。
公益財団法人日本スポーツ協会公認の
スポーツドクターでもあり、
東京2020オリパラへの出務は、
同協会(JSPO)の依頼を受けたもの。
東濃5市の医師では唯一で、
従事した期間は、7月24日から、
9月8日までのうち、11日間。
東京都中央区晴海地区に設置された選手村内、
総合診療所(ポリクリニック)で勤務した。
07TN1_3136.jpg08TN1_3139.jpg09TN1_3150.jpg
10TN1_3153_20210910170851e91.jpg11TN1_3156.jpg12TN1_3155.jpg
舘正之医師は「瑞浪市でも、
新型コロナウイルスの感染者が発生しており、
医師不足と言われる中、行くべきか悩んだ。
しかし、オリンピックやパラリンピックにも、
頑張っている人たちがおり、
スポーツドクターの資格を持つ者として、
手伝うのは当然だと考えた。
選手村で、1番印象に残っているのは、
試合前日の選手に、発熱していることを告げた時。
涙を流す選手を見て、国の代表になるために、
長年頑張ってきたことを思うと、
思わず、もらい泣きしてしまった。
医師として、すぐに治してあげられず、
試合に出られないことを宣告するというのは、
とてもつらいことだった。
瑞浪北中学校の学校医もしており、
子供たちに夢を持ってもらうためにも、
この経験を伝える機会を設けてほしい」と語った。
13TN1_3159.jpg14TN1_3197.jpg15TN1_3173_202109101709558b2.jpg
16TN1_3181.jpg17TN1_3178.jpg18TN1_3187.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。