2021年10月06日 (15:12)

麗澤瑞浪中学校の1年生が瑞浪市を学ぶ【オンライン型探究学習会】

麗澤瑞浪中学・高等学校
(瑞浪市稲津町萩原・藤田知則校長)の
中学1年生61人が、
「オンライン型探究学習会」で、
瑞浪市の現状や課題などを学んだ。
01TN1_5081.jpg02TN1_5089.jpg03TN1_5085.jpg
04TN1_5060.jpg05TN1_5070.jpg06TN1_5021.jpg
麗澤瑞浪中学校では、
週1回の「総合的な学習の時間」を、
「RISE」(ライズ)と名付け、
探究学習に取り組んでいる。
今回のオンライン型探究学習会は、
瑞浪市の現状を把握した上で、
課題の解決方法や、まちの活性化について、
中学生の視点から、考えるというもの。
瑞浪市の生涯学習出前講座を利用したもので、
令和2(2020)年度に引き続き、2年目。
07TN1_4997.jpg08TN1_5010.jpg09TN1_5017.jpg
10TN1_5045.jpg11TN1_5047.jpg12TN1_5039.jpg
講師は、瑞浪市役所市民協働課の
中筬高弘主査(37歳・なかおさ)と、
稲津町のNPO法人
明日の稲津を築くまちづくり推進協議会」の
勝股清治理事長(きよはる)が務め、
瑞浪市役所・西分庁舎(瑞浪市上平町)から、
オンラインで、生徒に話し掛けた。
瑞浪市職員の中筬高弘さんは、
瑞浪市の人口推移や工業団地の状況、
JR瑞浪駅周辺の再開発などを説明。
勝股清治理事長は、稲津町の行事や、
まちづくりの取り組みなどを語った。
13TN1_5055.jpg14TN1_5051.jpg15TN1_5026_20211006160220405.jpg
生徒らは、20グループに分かれており、
今後、グループごとに研究テーマを設定。
学内選考を通過したグループが、
来年2月の「探究学習発表会」に臨む。
発表会では、瑞浪市職員らを学校に招き、
調査・研究の成果を披露するとともに、
課題解決策を、瑞浪市に提案する予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。