2021年10月22日 (12:09)

土岐市消防本部が丸美陶料で訓練【高圧ガス保安週間】

土岐市消防本部は、
「高圧ガス保安活動促進週間」に伴う火災訓練を、
丸美陶料株式会社(本社工場=土岐市妻木町・
小川計爾代表取締役社長)で行った。
01TN1_7759.jpg02TN1_7763.jpg03TN1_7770.jpg
04TN1_7776.jpg05TN1_7779.jpg06TN1_7786.jpg
高圧ガス保安活動促進週間は、
経済産業省が実施するもので、
本年度、令和3(2021)年度の期間は、
10月23日(土曜日)から、
10月29日(金曜日)まで。
土岐市消防本部では、平成27(2015)年に、
平成24(2012)年以来3年ぶりとなる、
同促進週間に合わせた消防訓練を、
土岐市内にある、別の高圧ガス施設で実施。
以後毎年、この時期に行っており
本年度は、丸美陶料株式会社の協力を得て、
災害対応訓練を行った。
07TN1_7796.jpg08TN1_7800.jpg09TN1_7806.jpg
10TN1_7817.jpg11TN1_7819.jpg12TN1_7828.jpg
丸美陶料株式会社では、
タイル用製土・ファインセラミックス原料・
窯業用原料などを製造販売。
本社工場には、LPガスのタンク
(最大貯蔵量2900キログラム)があり、
放水用として、小型動力ポンプ
(可搬ポンプ)を所有している。
13TN1_7837.jpg14TN1_7840.jpg15TN1_7848.jpg
16TN1_7874.jpg17TN1_7866.jpg18TN1_7878.jpg
本日の訓練は、大規模な地震により、
ガスが漏えいし、引火したと想定。
丸美陶料の社員、約20人が参加し、
119番通報をしたり、
消防車を誘導したりした。
土岐市消防本部からは、
指揮車・水槽車・化学車の計3台、
消防職員約20人が出動。
現場指揮本部を設営したほか、延焼を防ぐため、
建物やタンク周辺に放水した。
放水終了後には、丸美陶料の社員に、
消火器の使い方を教えた。
19TN1_7882.jpg20TN1_7885.jpg21TN1_7889.jpg
22TN1_7895.jpg23TN1_7898.jpg24TN1_7902.jpg
丸美陶料の小川兼護専務取締役(けんご)は、
「当社の消防訓練は、可搬ポンプを動かして、
放水する程度だったが、今回は、
土岐市消防本部の皆さんのおかげで、
119番通報や初期消火訓練など、
貴重な体験をすることができた。
また、参加した社員も、
あえて就業中に実施したことで、
より実践的な訓練ができたと思う。
当社にはガスタンク以外にも、重油タンクなど、
火災が発生する可能性が高い施設がある。
今後も、緊急時の対応方法や、
負傷者が発生した場合の応急処置など、
ご教授いただきたい」と述べた。
25TN1_7915.jpg26TN1_7927.jpg27TN1_7936.jpg
28TN1_7947.jpg29TN1_7951_202110221327342fd.jpg30TN1_7964.jpg
土岐市南消防署の水野智文署長は、
「今回の訓練は、震災を想定したが、
大地震が発生した場合は、本日のように、
消防隊が駆け付けられるとは限らない。
恐らく、社員の皆さんの活動が、
非常に大事になってくると思う。
消火器の使い方を覚えてもらったが、
こういった小さなことの積み重ねが重要。
日ごろから、災害対応訓練に、
取り組んでいただきたい」と講評した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。