2021年10月26日 (11:43)

こども手帳を土岐市の5年生に【日本公衆電話会岐阜支部が10年連続】

公益財団法人日本公衆電話会の
岐阜支部(名古屋市中区栄)は、
小学生を対象にした安全・安心啓発教材
「こども手帳 ぼくも、わたしも社会の一員」を、
土岐市教育委員会に寄贈。
贈呈式が土岐市役所で開かれ、
岐阜支部の日比野義行相談役が、
山田恭正教育長に手渡した。
01TN1_8490.jpg02TN1_8500.jpg03webTN1_8555.jpg
04TN1_8505.jpg05TN1_8516.jpg06TN1_8519.jpg
日本公衆電話会は、NTTから、
公衆電話の管理委託を受けている、
コンビニ・酒屋・理容室・旅館などが会員。
「地域の安全と安心のための社会貢献活動」の一環として、
全国の小学校に「こども手帳」を贈っている。
07TN1_8580.jpg08TN1_8571.jpg09TN1_8562.jpg
10TN1_8545.jpg11TN1_8549.jpg12TN1_8546.jpg
土岐市への「こども手帳」の寄贈は、
平成24(2012)年からで、10年連続。
本年度、令和3(2021)年度は、
土岐市立小学校全8校の5年生に対し、
600冊(教師の分と予備を含む)を贈った。
児童には、明日、
10月27日(水曜日)に配布される予定。
なお、岐阜県内における、こども手帳の寄贈は、
土岐市を含め、11市町村で行われている。
13webTN1_8528.jpg14TN1_8539.jpg15webTN1_8535.jpg
日本公衆電話会岐阜支部の西川孝志事務局長は、
「毎年、土岐市に寄贈ができるのは、
地元の役員さんからの強いご要望と、
会員の皆さんのご理解・ご支援のおかげ。
こども手帳は、小学校高学年向けに作成してあり、
子供たちが、事件・事故から身を守る方法や、
社会の一員として、知っておくべきルールなどを、
6章にわたって、まとめている。
今年は冊子を改訂し、
『新型コロナ感染症対策』のページを加えたほか、
手帳の表紙には、抗菌加工を施した。
児童の皆さんには、こども手帳を参考に、
思いやりのある行動をとってほしい」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。