2021年10月27日 (21:52)

リニアトンネル工事の土砂に産業廃棄物か【岐阜県が第1報】

岐阜県は、リニア中央新幹線の
日吉トンネル新設(南垣外工区)工事に伴い発生した、
土砂の処分場(特定事業場・瑞浪市)において、
9月29日(水曜日)に搬入された土砂に、
産業廃棄物と疑われるコンクリート片が、
混入していたことを確認したと、発表した。

このため、施工業者の「中央新幹線
日吉トンネル新設(南垣外工区)工事共同企業体」
(清水建設株式会社・大日本土木株式会社・
青木あすなろ建設株式会社)に対し、
廃棄物処理法に基づき、
搬入された土砂にコンクリート片が混入した、
原因および改善策などについて、
報告することを求めた。

今後、当該報告を踏まえ、同処分場において、
ほかに産業廃棄物が混入した土砂がないか、
調査を進める。
調査結果については、別途発表するとのこと。

《経緯》
【9月29日(水)】
土砂の収去検査を実施。
【10月12日(火)】
検査を委託した民間検査機関から、
検査の検体中にコンクリート片が混入している旨の連絡。
【10月14日(木)】
検査の検体および特定事業場内に搬入された、
土砂の中にコンクリート片の混入を確認。
【10月19日(火)】
南垣外工区の工事施工ヤードに立入検査を実施。
【10月22日(金)~10月26日(火)】
施工業者に対し、廃棄物処理法に基づき、
本事案に係る原因および改善策などについて、
報告徴収の文書を発出。
施工業者に対し、事情聴取を実施し、適切な対応を要請。

《瑞浪市長のコメント》
岐阜県が現在調査中であり、今後の判断を待ちたい。
JR東海には、法令順守のさらなる徹底を
図っていただくとともに、引き続き、
安全第一に工事を進めていただきたい。

《工事の概要》
【工事名称】
中央新幹線日吉トンネル新設(南垣外工区)工事
【工事場所】
岐阜県瑞浪市日吉町および大湫町
【工事概要】
トンネル工事
(本線トンネル約7・4キロ、非常口(斜坑)を含む)
【工期】
平成28(2016)年6月24日から、
令和8(2026)年9月30日まで。
【施工業者】
中央新幹線日吉トンネル新設
(南垣外工区)工事共同企業体
《清水建設(株)・大日本土木(株)・
青木あすなろ建設(株)》
【特定事業場】
岐阜県埋立て条例に基づく許可施設
(場所:瑞浪市日吉町字下ノ木3223番1)
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。