2021年11月04日 (16:13)

土岐市教委が生理の貧困に対応【学校のトイレに生理用品を常備】

土岐市教育委員会は、
「学校のトイレに生理用品を」設置事業として、
土岐市内の全小・中学校で、
生理用品の常備を開始する。
屋内の女子トイレ(小学校は高学年用のみ)の
洗面所などに、生理ボックス
(1ケース10個入り)を設置。
11月中には、設置が完了する予定。
01TN1_0872.jpg02TN1_0862.jpg03TN1_0873.jpg
経済的な理由などで、
生理用品を準備できない児童生徒に対し、
心と体の負担の軽減を図ることを目的とした、
生理の貧困」に関する支援施策の一環。
さまざまな事情で、
持ってくることができなかった児童生徒には、
これまでは学校が「貸与」し、
同等品を「返却する」という仕組みだった。
04TN1_0901.jpg05TN1_0889.jpg06TN1_0893.jpg
今年の5月には、「貸与」から、
返却不要の「無償提供」に切り替えたが、
保健室で、養護教諭が管理していた。
今後は、トイレの手洗い場などに常備されるため、
養護教諭を介することなく、生理用品が使用できる。
07TN1_0914.jpg08TN1_0924.jpg09TN1_0902.jpg
土岐市教育委員会では、設置事業の開始にあたり、
肥田小学校と土岐津中学校の2校を、
モデル校に指定。
今年の9月から、設置方法や、
児童生徒への指導方針などを検証してきた。
本日は、山田恭正教育長が土岐津中学校を訪れ、
伊藤策雄校長と田口里美養護教諭から、
生徒へのアンケート結果などを聴いた。
10TN1_0919.jpg11TN1_0934.jpg12TN1_0908.jpg
田口里美養護教諭は「アンケートの回答には、
『設置された生理用品を使ったことはないが、
学校にあると思うだけで、安心する』といった、
意見があった一方で、
『ナプキンの種類を増やしてほしい』とか、
『手洗い場ではなく、トイレの個室それぞれに、
設置してほしい』といった意見もあった。
生徒には、なぜ返却不要で、無償提供するのか、
設置の意図を、定期的に指導する必要がある。
その際は併せて、生理用品の処理方法についても、
きちんと教えるべき」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。