2021年11月05日 (12:03)

泉陶工組が泉小4年生に作陶指導【陶製のランプシェードを】

土岐市立泉小学校(泉中窯町・後藤淳校長)で、
ランプシェードの作陶が行われ、4年生110人が、
クラスごとに分かれて取り組んだ。
講師は、泉陶磁器工業協同組合
(山田寛久理事長)の組合員11人が務めた。
01TN1_0942.jpg02TN1_0946.jpg03TN1_0949.jpg
04TN1_0953.jpg05TN1_0962.jpg06TN1_0976.jpg
陶製のランプシェードづくりは、
平成24(2012)年からの継続事業だが、
昨年、令和2(2020)年は、
新型コロナウイルス感染症対策で、取りやめた。
例年、3年生が行っており、
11月2日(火曜日)には、
泉西小学校(泉町久尻)の3年生も作陶した。
泉小学校は、今年は4年生が行うことにした。
07TN1_0939.jpg08TN1_0970.jpg09TN1_0975.jpg
10TN1_0979.jpg11TN1_0989.jpg12TN1_0987.jpg
児童らは、組合員の手本を見た後、
ランプシェードづくりに挑戦。
新聞紙で、塩ビのパイプ
(長さ19センチ)を包むと、
その上に、タタラ状の粘土を巻き付けた。
星・ハート・王冠・クローバーといった、
型枠で抜いたり、くりぬいた後の粘土に、
どべ(粘土を溶かした泥)を塗り、
もう1度、くっつけたりした。
13TN1_0991.jpg14TN1_0993.jpg15TN1_0997_20211105123934b49.jpg
16TN1_0998.jpg17TN1_1004.jpg18TN1_1003.jpg
なお、泉西小学校の作品は、
角山製陶所がガス窯(還元焼成)で、
泉小学校の作品は、
泉文山製陶所がハイブリッド窯
(マイクロ波ガス複合炉・還元焼成)で、
それぞれ焼成を行う。
19TN1_1016.jpg20TN1_1010.jpg21TN1_1019.jpg
22TN1_1030.jpg23TN1_1020.jpg24TN1_1036.jpg
25TN1_1043.jpg26TN1_1055.jpg27TN1_1060.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム