2021年11月06日 (10:56)

セラテクノ土岐で駄知土瓶と亀吉丼を展示

土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(土岐市肥田町肥田)のロビー(1階)で、
「駄知土瓶」(だちどびん)
《能登様土瓶(のとさまどびん)》2点と、
「亀吉丼」(かめきちどんぶり)4点が、
展示されている。
01TN1_1358.jpg02TN1_1383.jpg
どんぶりの駄知』が有名になる前、
江戸時代は「土瓶」が特産品だった。
当時、駄知の窯は、
岩村藩の御用窯だったため、
藩主の称号「能登守」にちなみ、
「能登様土瓶」とも呼ばれる。
03TN1_1351.jpg04TN1_1373.jpg
亀吉丼(亀吉どんぶり)は、
江戸時代の慶応3(1867)年に、
陶工・塚本亀吉が製造に成功。
伊万里風のどんぶり鉢で、
「駄知どんぶり」とも呼ばれる。
05TN1_1387.jpg06TN1_1397.jpg
問い合わせは、セラテクノ土岐
(TEL0572─59─8312)まで。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。