2021年11月10日 (22:03)

水辺を生かした共有空間に【瑞浪市かまど道の駅講演会】

瑞浪市と岐阜大学出村研究室は、
釜戸公民館(瑞浪市釜戸町)で、
瑞浪市かまど道の駅講演会
地域と一緒に考え話す会」を開いた。
水野光二市長をはじめ、
瑞浪市民ばかり、約40人が参加した。
01TN1_2274.jpg02TN1_2279.jpg03TN1_2286.jpg
瑞浪市は、市内初となる「道の駅」を、
釜戸町上平地区内に設置しようと、
計画を進めている。
令和9(2027)年の開駅を目指し、
瑞浪市道の駅基本構想」を策定。
本年度、令和3(2021)年度は、
「瑞浪市道の駅基本計画」を完成させる予定。
04TN1_2307.jpg05TN1_2302.jpg06TN1_2304.jpg
07TN1_2310.jpg08TN1_2317.jpg09TN1_2323.jpg
講演会(道の駅シンポジウム)のテーマは、
「道の駅を通じて、どういう地域をつくっていこう?
~世代をつなぐしかけづくり~」。
3部構成で行い、第1部の基調講演では、
「水辺の広場がもつ力で新しい道の駅を」を演題に、
岐阜大学社会システム経営学環の
出村嘉史教授が登壇した。
10TN1_2328.jpg11TN1_2331.jpg12TN1_2369.jpg
13TN1_2378.jpg14TN1_2379.jpg15TN1_2340.jpg
出村嘉史教授は、
瑞浪市道の駅検討委員会の委員で、
カマドボックス」の開設では、
中心的な役割を担った。
出村嘉史教授は、
「水辺にある公園は、世界中で愛されている。
瑞浪市の道の駅の建設予定地(計画地)は、
土岐川と佐々良木川が合流する水辺。
道の駅を建設する際は、この河岸段丘を、
できるだけ残し、うまく利用すべき。
水辺には、人を寄せる要素がある。
釜戸町に住んでいる人と、
道の駅に立ち寄った人とが共有し、
一体感がもてるような場所、
包容力のある場所になれば、非常にすてき。
この場所は、普通の道の駅にはない要素を、
つくれる可能性がある」と述べた。
16TN1_2382.jpg17TN1_2401.jpg18TN1_2403.jpg
19TN1_2391.jpg20TN1_2411.jpg21TN1_2415.jpg
なお、出村嘉史教授は、来春、
3月12日(土曜日)と、
3月13日(日曜日)の両日、
道の駅の建設予定地(計画地)で、
社会実験(水辺の実証実験)を行う。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。