2021年11月15日 (11:33)

瑞浪市行政改革審議会が市長に意見書を提出【令和3年度】

瑞浪市行政改革審議会は、
「令和3(2021)年度・
第5次瑞浪市行政改革に関する意見書」を、
取りまとめた。
瑞浪市行政改革審議会の古田成志会長
(中京学院大学経営学部経営学科准教授、
ふるた・せいし)が、瑞浪市役所を訪れ、
水野光二市長に意見書を手渡した。
01TN1_3520.jpg02TN1_3534.jpg03TN1_3540.jpg
瑞浪市は、平成28(2016)年3月に、
「第5次瑞浪市行政改革大綱」を策定。
第5次瑞浪市行政改革大綱の推進期間は、
平成28(2016)年度から、
令和2/平成32(2020)年度までの
5年間としていたが、3年間延長し、
第6次瑞浪市総合計画の実施期間が終了する、
令和5/平成35(2023)年度まで引き延ばした
(基本方針や審議会による評価制度も継続)。
そして、令和6(2024)年度からは、
同年度から実施期間が始まる、
第7次瑞浪市総合計画に、
瑞浪市行政改革大綱を包含する。
04TN1_3549.jpg05TN1_3569.jpg06TN1_3587.jpg
瑞浪市行政改革審議会が、評価・検証したのは、
第5次瑞浪市行政改革大綱のうち、
「行動計画」でうたっている、19項目。
審議会は、令和3(2021)年8月5日と、
令和3(2021)年9月15日(書面開催)の
計2回開かれ、「達成」・「おおむね達成」・
「見直し(改善)」の3段階で評価した。
委員の中で1人でも、
「見直し(改善)」が必要としたのは、
19項目のうち、7項目あった。
うち、2人以上の委員が、
「見直し(改善)」が必要とした3項目あった。
07TN1_3580.jpg08TN1_3575.jpg09TN1_3555.jpg
また、審議会において、
特に意見が一致した事項・強調したい事項として、
①協働による行政運営
②簡素で効率的な行政運営
③持続可能な行政運営
の3つを挙げた。
01web-R3行革意見書(確定)情報提供02web-R3行革意見書(確定)情報提供
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。